Windows10 October Update(1809)

Windows10の最新版(1809)で大きな問題があったようです。
ただ私は問題が指摘される前にWindows10 2台を更新しました。大きな問題はなかったようです。

今回の問題は「Windows10でKRFというマイドキュメントをOneDriveに置き換える機能?を有効にして、その他XXの条件で発生する」とあります。

私はノートパソコンは常にネット接続している訳ではなく・・当時WIFIが切断される現象が発生していたのでこの機能をOFFにした記憶があります(このWIFI切断問題は私の無線中継機の設定をミスっておりました・・)。

今回のWindows10の最新版は、私は手動で更新したのです。理由は、プログラミング途中とか、出かける前に更新が始まったらたまったものではないからです。
実際どれほどの方が
被害を受けたのかはわかりません。海外では損害賠償問題になるのか興味があるとことです。。私も消えていないと思っているファイルが消えているのかもしれません。マイクロソフト・・Windows中核事業であればもっとしっかりしろと言いたいです。最近Azureというワードしかマイクロソフト関係では見ません。。

最近はクラウド版のデスクトップ(Windows10)もあるようです。私は興味がないので、そんなものがあるという事しか知りません。
そもそもOffice365ですが。。。。私が導入したものはOffice2016をOffice365からダウンロードしてインストールしたのです。いつの間にか更新されて今はWord365,Outlook365と365版Officeに変更されています。一番よく使っているOutlookですが勝手に頻繁に更新されます。私は素人でないので更新され画面レイアウトが変わっても「また更新されたんだな」くらいしか思いませんが。。

皆さん、どう思っているのでしょうか?
Outlook365で読み上げ機能があり、一度やってみました。段落の先頭文字が日本語であれば日本語なのですが、数値やアルファベットであれば英語になります。英語で開始した場合は途中に日本語があると無視されます。使い物にならないのでなんでもいいですが・・。
あとはネット切断されている訳でもないのにOutlookの同期待機中で止まるという現象もあります。。Azure、Office365というクラウドの最先端企業でもこんなもの?という感じです。

今回のWindows10 1809での私が受けた被害はDellノートパソコンのWindows Hello設定が消えました。再度設定すればいいだけですが。。そのくらいです。
エクスプローラーが私は見やすくなったと思いますが、他の方には評判悪いです。。

次回、来年春?夏?には実質的なWindows11、12にあたるメジャーアップデートが、Windows10という名の元に行われます。どうなるのでしょうか?

342233222322222222322222222222222222

ラッキービジターです

稀にしか使わないマイクロソフトのブラウザedgeを起動しました。

いきなり、このような画面がいきなり表示されました。別に怪しげなサイトをみた訳ではありません。パソコンがウイルスに侵されている訳ではありません。

ネットで少し調べました。サイトに表示される広告欄のJavaScriptsが一時的に書き換えられるらいしです。どの広告が悪いとかいう訳ではないらしいです。ここらのやり方は私にはよくわかりません。

これは全てのブラウザで共通して現れる現象らしいです。Chromeでの発生が多いようですが、それだけChromeが使われているという事だと思います。
Chromeの場合は立ち上げ時は広告がないので立ち上げ時これが表示される事はないと思いますが。。

これはウイルスソフト、Windows,IOS,Androidのパッチで防げるものではありません。このまま進むとクレジットカードの入力するところまで進むらしいです。なにかしらするとブラウザー側で警告が表示されるのかもしれません。

これ以降edgeをなんどか開いても、このようなものが表示される事はありませんでした。

企業内でこんな画面出たら出たらで大騒ぎされるだろうと思います。”パソコン隔離して!!ウイルスチェックやって!!”などなど。。考えただけでもぞーとします。

大騒ぎがいやであればインターネットを遮断するしかないと思います。。
こういうものに慣れるという事も今のインターネット社会では必要だと思いました。

342233222322222222322222222222222222

ブラザーのプリンター

プリンターの買い替えをしました。
前のものはEPSONの6年前の小型複合機です。

新しいものはブラザーの小型複合機です。なぜブラザーか・・と言われると思い入れがあり使ってみたかったのです。
ブラザーは言わずと知れたミシンメーカです。もう数十年前からミシンメーカから脱却すべく、いろいろな事業を始めました、その中のひとつがプリンター事業です。
私はブラザーではありませんが、偶々ミシン屋に新卒入社したのでブラザーの多角化に興味があるのです。(私は入社してミシン屋だという事を知ったのですが・・)

プリンターは日本では小型はEPSON、CANONが主流です。市場を2分していると言っても過言ではありません。そこに何年前か記憶にありませんが、ブラザーが参入したのです。元々ブラザーはアメリカ、ヨーロッパ中心にプリンター事業を開拓しました。

今やプリンター事業もさほど将来性があるとは思えませんが、どうなのでしょうか?
私には大型複合機の必要性が理解できません。ゼロックス、リコー、キャノンなどが販売していますが・・小型、中型で十分だろうと思います。

ブラザーのプリンターはEPSON、CANONと比べれば割安感があります。

家電屋にAmazonの価格を見せて値段交渉したら、それより数百円安い価格を提示され、新機種を買ってしまいました。昨年モデルは半額ほどで売っています。。機能差はまったくないようです。。もう買うしかないので買いました。。(古いコンピュータ機器が数台屋根裏にあったのですが、ほぼ無料で全て引き取ってくれそうなので決めました。。)

過去、大型汎用機、オフコンから大量の帳票を発行していたのがつい昨日のようでもあり、遠い過去のようでもあります。

私の在籍していたミシン屋はどうなるのでしょうか?
試行錯誤しているのは知っていますが、ブラザーのような全社的な大改革には見えません。確かに工業用ミシンは必需品ですが、ミシン屋はさほど大きな利益は生み出しません。

過去よく工業用ミシン世界NO1と聞かされました。聞かされる度にだからなんなの?と思ったものです。市場が縮小していれば世界NO1でもまったく意味のないものです。
関係ないですが・・TV業界の視聴率と同じです。気にすべきは視聴数だろうと思いますが・・。

全体的に機械産業難しい時代ですが、自動車産業同様に機械産業は日本産業の中核にいる必要があると思う古い人間です。。
ブラザーのプリンター、6年前のEPSONに比べれば天と地ほどの差があります。いまのところ十分満足しています。

342233222322222222322222222222222222

囲い込みのIT業界

年1,2回ほどリフレッシュの為にITイベント関係に参加します。

今回はHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャー)中心のイベントに参加しました。わかる人しかわかりませんが。。。IBMのPureSystemのようなものです。

これは何かというと各ベンダーが独自の技術で箱型セットを販売しています。OSからストレージまでセット売りのボックスです。メーカにより違うのですが、2セットから3セットで冗長性を確保するようです。

基本5年保守なので保守切れに近くなった時は同じメーカの新型のボックスを購入すればデータ移行などは自動で行うようです(メーカの言葉をそのまま信用すれば・・)。ただこのボックスは安くはなく数千万するようです。

面白くなくさほど聞いてはいませんが、このボックスの中はVMwareか、Hyper-Vなど仮想化して使うと思います。

別メーカに移行するのであれば、現行と同じで計画、作業が必要になります。

クラウド同様の完全なる囲い込みです。クラウドは月額にして安く見せていますが、このHCIは初期投資が高額です。大手素人IT部門が顧客のターゲットなのでしょうか。

その他は・・〇屋のA-L〇GというLOG収集レポートツールが展示してあったので、”ファイルサーバーからフォルダーをドラグアンドドロップでパソコンに移動させてしまったらWindowsログに載りませんよね?”と聞いたら、”そうですね。最近は通信機器のログ収集に主に使われています”と・・無駄にログを収集していますというところ以外使えません。
このツールはログを成形して見せるだけのツールです。ログに書き出されない限りわかりません。Windowsの仕様なのか決定的な問題があり実質使えません。

このA-L〇Gは10年以上前〇屋の売り言葉を信用して買いました。しかし使えなく、安かったので私は1ヶ月内で捨て海外の別ソフトにしました。(過去は20万円ほどでした。今は10倍以上します。機能差はありません。)

その他MFTファイル転送ソフトがありました。過去は安価で保守料もありませんでした。今は高価で高い保守を払います。社内で使うのであれば、FTPで私は十分だと思いますが。。

日本の情報システム部の能力は低いのでしょうか?囲い込みハードと実質使えないソフトを使っています。

ITイベントで役立ったものは今回は講演会だけでした。。講演者は娘と同じ年齢ですが・・学ぶものはありました。

342233222322222222322222222222222222

LTSBって可能なんですか?

先日、ある方から言われました。
“Windows10 LTSB(無期限そうに見える単なる10年間保守)はPCメーカーがそれをサポートするかが重要”と。

言われてみればそうです。

パソコンをレンタルする企業が多いと思いますが、レンタルする側はLTSB遵守できるのでしょうか?

例えばHp社のパソコンをレンタルするとします。新機種が発表され、それは最新Windows10が搭載されていると思います。ドライバーなど最新Windows10での稼働確認はすると思いますが、過去のWindows10での動作検証などしないと思います。

そこらの検証もIT部門やら契約したITベンダーになるとその苦労は容易ではありません。ハードは日進月歩です。古いWindows10などサポートできなくなっているかもしれません。

言われてみればなるほど・・と思います。LTSB契約など実現できるのでしょうか?

342233222322222222322222222222222222

Oracle Java

Oracle Javaが有償化します。

Javaの開発元であるSunマイクロがOracleに買収された時に、このような日がくるのは明白だったのですが・・それでも何も気にせずJavaを使う方々は私には理解できませんでした。

毎年OracleDBの保守料を値上するOracle社が無料でJavaを継続してサポートするなど何をどう考えてもあり得ません。

いくらになるのかは、弊社は使っていないので・・わかりません。ランタイムにも金がかかるとか・・・。

JavaとマイクロソフトのC#は似ています。基本オブジェクト指向プログラム言語は似ていると思います。コンパイラーがどこまで対応するかの違いだと思います。

マイクロソフトも最近よくわからず・・基盤の.Net FrameWorkから.Net Coreへ・・とか言っています。
簡単に言えばWindows中心に言語体系を考えていたが、LinuxやらMacをも中心とするらしいです。ただ画面設計はそれぞれ違うのでどうにもなりません。
.Net Core3.0からWindows系の画面開発はできるようです。現在まだ.Net Core2.xです
Javaの市場をマイクロソフトが奪おうとしているのかどうかは知りません。株価はナディアCEOになってから絶好調らしいです。

カベージコレクションとかいう機能はJava言語開発者が作ったとか聞いたような聞いていないような、プログラミングがわかるものであれば天才的なものである事がわかります。

LinuxもDockerは最高だと思います。ただGUIで管理できないと何がどう動き、どう使われているのが明確にわからないのでど素人が多いIT業界では使うのが難儀だと思います。

ガベージコレクションもDockerもさほど理解できないものしか私のまわりにはいません。

話はずれましたが・・

Java有料化になって多くの企業はOracle社に無駄金を払うんでしょうか??

342233222322222222322222222222222222

パブリッククラウドの重要だけど見落とされている監視項目

Amazonにはメールなど登録していませんが、マイクロソフトには登録しているので相変わらずAzureに関するメールは多いです。本当に迷惑な・・と思うほど。

クラウドとか素人も騒いでいますが・・、多くの方々がパブリッククラウドとWEBサービスの違いがわかっていません。ただパブリッククラウドを使うのであれば重要な監視項目があります。

それはグローバルIPで使うポートの使用率です。IP一つで制御できるのは6万5千個のポートだという事です。これは重要な問題なのです。

6万5千個で十分かというとそれは監視していないと十分かどうかわかりません。

例えば1人の人がOffice365で5人他の方のスケジュールを見れば5ポート使うようです。ファイルサーバーがパブリッククラウドであればそこでもポートを消費します。多くの業務をパブリッククラウドに依存していればすぐに数万に達します。

ポートが不足すると何が発生するかというと”それ以上接続できなくなる”という事です。どんなメッセージが表示されるかわかりませんが、コネクションエラーみたいなメッセージが表示されるのではないかと想像します。

ポート不足が懸念される時は何をすればいいかと言うと、グローバルIPを増やしてバランシングするしかありません。
ここらの設計には専門的な能力が必要です。なんちゃてネットワーク業者、担当はわからないと思います。そう簡単な事ではありません。

パブリッククラウドを使う上での重要な注意点なのですが、これに関して論じているものはほとんどありません。

本当にクラウド障害なく使っているのでしょうか?さほど使われていない?
私は使われていてもバックアップ程度だと思っています。またはWEBサービスをクラウドと言っている方々が多いのではないかと思っています。

342233222322222222322222222222222222

Advanced IP Scanner

家の中などなどDHCP使っていると何がなんだかわからなくなりませんか?(Wifiのファームを更新する時にIP何番だったけな?とか思います。リモートデスクトップも・・)

会社であれば、IPアドレスをシールで張っているのを見ますが、よく間違っているのを見ます。。(私はシールと実態が違うので基本調べます。)

そんな時、自分でスクリプト書けばいいですが・・Advanced IP  Scannerというツールがありました。IPの範囲指定でping,nbtstatなどなどのコマンドを発行していると思います。GUIで見やすいと思います。

無料なので、なぜに無料と思いましたが、金とれるようなソフトではないと判断したのでしょうか?ただ素人さんには重宝すると思います。。少し調べたらこの手の製品多数あります。皆無料のようです。

あまり接続先が多いと負荷かかるので使わない方がいいと思います。

自分の忘備録の為にも記載しておきます。。

342233222322222222322222222222222222

2020年のWindows10

Windows10の大規模更新が過去のWindows同様に3年周期で行われいるようです。
来年はWindows10が発売されて3年経過した為、新たなWindows10が発表されるとか・・。

Windows10という名前は変わりませんが・・新たなWindowsのようです。どこまで違うのかは知りません。最近のマイクロソフトよくわかりません・・。Windows10 LSBTという名のものは今まで通りの単なる10年保証もどうなるのでしょうか?。現行Windowsはもう3年経過して残り7年、来年LSBTを契約すれば来年版Windows10で10年なのでしょうか?

Windows10という名前の統一は情シ部門への配慮なのでしょうか?
名前が変更にならないのでユーザが騒ぐ事がなくなる。という事かもしれません。真面目Windows保守をやっている情シ部門に対しては余計な混乱を与えるだけだと思います。

半年に1回の更新も今はRedStoneと言われており、この10月にRS5というものが発表になりますが。RSという名はRS5で終わるようです。(本当に終わるのかどうか私はわからなくなりました・・)

面倒な事にWindows10という同じ名前の別物が2020年には現れる可能性があります。

どこまで別物なのかわかりません。報道とは違い、RS6という名前の別物が発表になるのかもしれません。。ただRSは5で終わるというのはさほど誤った情報ではないらしいです。

来年Windows7の保守切れで多くの企業でお祭り騒ぎがされます。ユーザはどちらのWindows10を導入するのでしょうか?現行世代のWindows10?新世代のWindows10?

Officeも64Bit版を勧めるアホなベンダーが発生するかもしれません。何も考えなければOfficeも64Bit版の方がいいですが・・・互換性とかいろいろ問題が発生します。私も一度Office64bit版を導入しました。なぜにマイクロソフト64bit版など作ったのか理解に苦しみます。

個人的にはWindowsがAppleのIOSのように64bitアプリしかサポートしなくなるのは何時なんだ!!という事に非常に知りたいところです・・。この検証用にOffice64bit版があるのかもしれません。

IOSの64Bit アプリケーション サポートは賛否両論ありました。Windowsもやる必要がありますが、大混乱になるでしょう。古いレガシーアプリが多数あります。。
64Bitのみしかサポートしなくなる事により、標準設計に準拠していないアプリケーション、ソースなどないアプリケーション、古い訳のわからないAPIを搭載したアプリケーションを除去できます。

マイクロソフトはどう考えているのでしょうか?
日本マイクロソフトは知らないだけで米国マイクロソフトは正式な時期を発表しているかもしれません・・。
日本IBM同様、日本マイクロソフトは必要なのか?とよく思います
日本マイクロソフトの存在価値はなんなのか私にはわかりません。

342233222322222222322222222222222222

弊社6年目に突入

お世話になっております。

先ほど気づきました・・・。弊社6年目に入っていました。。これも皆さまのおかげと感謝いたします。1人では何もできません。。

街中の電気屋のように自由に使っていただき小回りの利くソフト屋であればいいかな?と思ったのは6年前?でした。。

やらない事だけは決めていました。それは人材派遣業です。今はゲーム開発もしない(できません)事に決めております。。

その他試行錯誤でここまで・・というか助けられて5年経過したようです。もう5年、まだ5年という感じです。

6年前に独立した頃、申し合わせた訳ではありませんが・・、数人会社を立ち上げたりしましたが、全員元の会社に戻ったか、別会社に就職した事をつい先日知りました。私は皆さまの助けがなかったらどうなっていたでしょうか。。

書く事は山のようにありそうですが・・ここらで・・。

今後ともよろしくお願いいたします。

342233222322222222322222222222222222