衆議院選挙

Pocket

もう既に終わっている衆議院選挙。つまらない報道をネットニュースで見かけます。

ただ、私は違う意味で興味がありました。あるTwitterマニアがなぜか立候補したのです。

なぜに彼は立候補したのか、資金はどうしたのか?当選すると考えているのか。それともなにかのネタになればいいと思ったのか・・。

そもそもなんの基盤のなく、無名(本人はどう思っているかは知りません。)に何票入るのかと私はそれだけ知りたかったのです。。

彼は希望の党からある地区で立候補すれば公認すると言われたようですが、それは断って生まれた地で立候補したようです。希望の党から誘われた時は自慢げで、うれしげに何度もツイートしていました。(結果的には希望の党ではなく失望の党になりましたが。。)

選挙が終わり最下位で1万票以下でした。しかしよく数千票も集めたと思います。誰がなんの為に。。消去法で彼に投票したのでしょうか。。

無念なのか、少しは当選を期待していたのか今はおとなしくしていました。多かったツイートはまったくなくなりました(数日後にまた多くのツイートをはじめたようです)。彼は元々政治など興味がなさそうで、多くのものと同じく安倍さんの批判はしていました。
次回は自由民主党の推薦を受けるとか・・そしたら彼の大義の「生まれた地に恩返しする」というのは難しくなるのではないかと思います。何が恩返しか私にはわかりませんが。。

今回の選挙、大義もなければ何もありません。結果的には小池党の失墜、民進党の崩壊だけで終わったと思います。あとは無駄金を浪費したくらいです。フランスであんな解散したら許される事ではないとどこかに書かれていた覚えがあります。

都民ファーストなんちゃらどうなるのか、見ものだと思います。逃げた2人?はいい時に逃げたと思います。

彼の結果と選挙の結果は初めからわかっていたと思います。よほど同じ時間帯にやった村田諒太のボクシングの結果の方がまさかあんなかか形で終わるとは誰も思わなかったと私は思います。

憲法論議などなんでもいいと私は思います。日本の借金、人口減に素早く対応するような案が彼らにはないのか?と思います。移民受け入れなどを訴える党がないのが私は不思議です。

342233222322222222322222222222222222

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)