IOTの危険性 NHKスペシャル・・

NHK・・稀ですが、それでも最近見る機会が増えました。理由は民法がめちゃつまらない(年齢的なもの?)。。

そんな中、IOTの危険性というのがあったで何気に見ました。「今更かよ・・」と思いながら。

何がIOTかの定義が曖昧ですが、インターネットに接続されるパソコン、サーバー以外なのでしょうか。
安価なNAS、複合機プリンター、webカメラ、安いスマホこれらは古いLinuxのカーネルを使っています。Windowsで言えばWindowsXp以前の古いものに対しパッチ適用していないものを使っているようなものです。ハッキングされてもなんら不思議ではありません。DDOS攻撃の踏み台にされても何も不思議ではありません。

光回線のルータのセッティングなどNTT,AU系が委託された業者が来て、外部から遠隔操作します。なんか問題があると問い合わせしても業者が遠隔で入るのです。
一言で言うと光回線の下請け業者は侵入はやろうと思えば、どこでも簡単に入れるという事です。ユーザ、パスワードは同じだと思います。我が家のルータがどの程度古い機器かは知りませんが、DDOS攻撃の踏み台にされても私の責任ではありません。。

wifiの帯域など調べるツールがあり、なんだこれ?と思うものが多数あります。どの機器がWifiを飛ばしているのか知りません。さほど住宅密集地でもないし、私のようなもの・・が多い地域だとは思えません。(このアプリも怪しいですが。。)

パソコンでどこに通信しているか調べるツールがあります。それを実行するとGoogle,マイクロソフトはじめいろいろなところに通信しています。

この番組で安価なWEBカメラを使っている例をしていました。こんなの論外な話です。
カメラで誰かに見られてまずいと思うものはWEBカメラなど使うべきではないと思います。Amazon echoとかGoogle home、LINEのなんちゃらなどハッキングされているかもしれません。本当かどうかは知りませんが、いろいろハッキングされた事例はあるようです。安価な模造品が出てそこにはカメラが仕組んであるかもしれません。
私は、今のところパソコンとスマホだけで十分です。それだけでも十分監視されているのです。

監視と悪さは違うと思わないともうやっていられないと思います。パソコン、スマホを破壊または悪用される、車をハッキングされ運転事故に遭うとか・・それがなければなんでもいいというのが私の見解です。いつ私がなんのサイトを見たのか、私がどういう経路をたどってどこに行ったのか・・そんなのマイクロソフト、Googleにはオープンです。

いやであれば何も使わず、インターネットなど切断された世界で生きるしかありません。

ただむやみに情報を与えるつもりはないので、スマホ、パソコンしか使わずそれもマイクロソフトとGoogleという必要最低限のソフトしか使わない事にしています。

WEBカメラなど使うのであれば、いかにハッキングされないかを考えるよりIOT機器はハッキングされる可能性があるものとして使う事が大前提だと思います。
私は最低限、ファームウエアー、BIOS、OSなどを最新にする事を心のよりどころとしてしています。意味ない事かもしれませんが、放置よりいいかと思います。

これらの事がわからなければ、IOT機器は使わない方がいいと私は思います。

Linuxの生みの親、Linus Torvaldsさんは最近のセキュリティ技術尊重に不満をもらしているようです。理由は知りません。Linuxの最大の弱点だからかもしれません。

WindowsはWindows10などによりハッキングが難解になってきています。古いLinuxベースなど子供でも興味があれば簡単にできる事です。WindowsUpdateみたいなものは重要なのです。

342233222322222222322222222222222222

Windows10にLinuxを導入

最近、メール送信で添付ファイルがあると送信できなかったりします。この理由は添付ファイルにパスワードがかかっていないという事らしいです。(特にGoogle e-suite?が・・うるさい)。

Windows10でZipには簡単にできますが、パスワード付きのZipはサードパーティーソフトが必須なので少し調べました。

Windows10標準だとBashコマンド関連でZipを作るとパスワードの要求があるのでそれで作るとか・・・

Bash・・と聞いて思い出しました。これはWindowsのPowershellでLinuxコマンドに切り替えるものです。Windows10にLinuxのサブスクリプションを導入しろいう事らしいです。
今一番シェアーの高いUbumteをWindowsStoreから導入しました。Linuxにはzipが標準装備なんだと思いzipコマンドを実行したところ’ zip command is not found’のようなメッセージで失敗しました。

標準UbunteにはZipコマンドはなくそれはまた別途追加導入する必要があるようです。UbunteかLinuxのGithubみたいなところからダウンロードしてインストールできました。これもコマンドです。

その他いろいろあり・・30分ほどかかりました。

ようやくBashでzipを作りパスワード設定ができました。。

この長々としたやつ一言で言うと、”Linux版のZIPコマンドはデフォルトでパスワード設定があり、WindowsのZIPがパスワード設定がない!!”というだけの話です。ZIPはWindowsでは標準ですが、Linuxでは圧縮ファイルの標準は違うものです。

思わぬところからLinuxを導入する事になりました。私のパソコン・・ディスクは無意味に2Tあるのでディスクはなんでもいいのです・・まだ10%も使っていないような。。。

少しUbunte使って思ったのは全てが簡単な英語のメッセージなのですが、英語に拒否反応がある人は無理だと思いました。。

あと私が知っているUNIXやらRedHatは管理者ユーザIDがrootだけでした。今はどうなっているのか知りません。少なくともUbunteはどんな名称でも設定はできます。(恐らく半角英数だけだと思いますが。)

sudo というものを頻繁に使うので何だ?と思ったらUNIX、RedHatなどの-suでした。。どっちがいいかわかりませんが・・なぜに微妙に違うんだ・・と思いました。

コマンドも慣れれば簡単でレスポンスもよくいいのかもしれません。私は・・半月ほどやれば、なんちゃってLinux管理者にはなれると思います。私であれば・・数か月やればマニアの領域にたどりつけると思います。
ただ多くの中途半端なシステム屋にはLinuxは無理だと思います。LinuxもGUIカルチャーを取り入れ使いやすくする必要があります。マニア以外さほど簡単なものだとは思いません。

落ちがありました・・・
日本語が文字化けするとの連絡が・・・WindowsはShift-jisでLinuxなどはUTF-8です。Windows8以上であれば自動変換?してくれるようですが、Windows7では対応しないので文字コードを注意して送付する事が必要になります。

Linuxを入れたので今後はDockerでも少し知べてみます。時間ができたら・・・。

342233222322222222322222222222222222