Java Platform有償化へ

Pocket

JavaがOralce配下になった時、いつかは有償化されるだろうと思わなかったのでしょうか?

Oracleは主力のOralce DB保守料を毎年値上げしてくるとんでもない企業です。Oracleを使う意味が私にはわかりません。

そんなOracleが今迄Javaを無料で公開していた方が驚く事です。ついに有償化を発表しました。2019年1月らしいです。

日本の某大手IT会社は無料版の頃から有償で販売していましたが・・。Oracleいくらと言ってくるのでしょうか?想像もできません。

Javaの有償化の問題は開発環境及び実行環境でも有償化になるという事です。これはとんでもない事です。私は主にマイクロソフトのC#を使っていますが、実行環境は無料です。他の言語も開発環境は有料だが実行環境は無料です。

Javaどうするのでしょうか?私はまったく使っていないのでなんとも言えません。Windows上の開発プラットフォームでJava採用には反対しました。.Net FremeWorkが使えません。決めたのは何もしらないど素人相手なので話にはなりません。後々泣きをみるだろうと思っていました。もう顕在化しているようです。

無料として見えるWEBのWordpressですが、実際には広告収入だとかプログインが有料だったりいろいろあります。Googleも検索は無料ですが、いろいろ収入はあります。無料に見えるものはいろいろありますが、実際に無料なものはありません。

今までよくわからなかったJavaですが、これで答えが見えました。実行環境まで有料化でJavaを止めなけれとんでもない金額を支払う事になるのでかもしれません。

342233222322222222322222222222222222

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)