ブラザーのプリンター

Pocket

プリンターの買い替えをしました。
前のものはEPSONの6年前の小型複合機です。

新しいものはブラザーの小型複合機です。なぜブラザーか・・と言われると思い入れがあり使ってみたかったのです。
ブラザーは言わずと知れたミシンメーカです。もう数十年前からミシンメーカから脱却すべく、いろいろな事業を始めました、その中のひとつがプリンター事業です。
私はブラザーではありませんが、偶々ミシン屋に新卒入社したのでブラザーの多角化に興味があるのです。(私は入社してミシン屋だという事を知ったのですが・・)

プリンターは日本では小型はEPSON、CANONが主流です。市場を2分していると言っても過言ではありません。そこに何年前か記憶にありませんが、ブラザーが参入したのです。元々ブラザーはアメリカ、ヨーロッパ中心にプリンター事業を開拓しました。

今やプリンター事業もさほど将来性があるとは思えませんが、どうなのでしょうか?
私には大型複合機の必要性が理解できません。ゼロックス、リコー、キャノンなどが販売していますが・・小型、中型で十分だろうと思います。

ブラザーのプリンターはEPSON、CANONと比べれば割安感があります。

家電屋にAmazonの価格を見せて値段交渉したら、それより数百円安い価格を提示され、新機種を買ってしまいました。昨年モデルは半額ほどで売っています。。機能差はまったくないようです。。もう買うしかないので買いました。。(古いコンピュータ機器が数台屋根裏にあったのですが、ほぼ無料で全て引き取ってくれそうなので決めました。。)

過去、大型汎用機、オフコンから大量の帳票を発行していたのがつい昨日のようでもあり、遠い過去のようでもあります。

私の在籍していたミシン屋はどうなるのでしょうか?
試行錯誤しているのは知っていますが、ブラザーのような全社的な大改革には見えません。確かに工業用ミシンは必需品ですが、ミシン屋はさほど大きな利益は生み出しません。

過去よく工業用ミシン世界NO1と聞かされました。聞かされる度にだからなんなの?と思ったものです。市場が縮小していれば世界NO1でもまったく意味のないものです。
関係ないですが・・TV業界の視聴率と同じです。気にすべきは視聴数だろうと思いますが・・。

全体的に機械産業難しい時代ですが、自動車産業同様に機械産業は日本産業の中核にいる必要があると思う古い人間です。。
ブラザーのプリンター、6年前のEPSONに比べれば天と地ほどの差があります。いまのところ十分満足しています。

342233222322222222322222222222222222

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)