PWA、UWP

マイクロソフトのまったく普及しないSTOREアプリで唯一、素晴らしいと思うのはアプリの削除が右クリックでできる事です。
初期導入された、いらないストアーアプリを削除した時に気づきました。これは使えると・・(これを証明する為に無駄なストアーアプリが多数あるのかと思いました・・)

STOREアプリの開発のひとつがUWPです。

Androidの標準機能にあるのかないのか知りませんが、Androidのマイクロソフトランチャーでもこれができます。

今までのアプリケーションはコントローラーパネルから・・アプリの追加と削除を探して・・削除などしていましたが、STOREアプリの削除を知ればくだらない時間の浪費だと気づきます。ストアーアプリの更新も非常に簡単です。

このやり方を知ってから既存のアプリの再導入の”面倒な事極めりない”と思うようになりました。

Windows10では削除は通常のプログラムでも右クリックで削除というのは表示されますが、アプリの追加と削除の画面が表示されるだけです。インストールも面倒です。

そんな中GoogleがPWAというブラウザ&ユーザインタフェースアップ版のようなものを発表しました。(いつ発表したのかは知りません。ブラウザー内ではありませんが、Adobeにも似たようなものがあります。)このPWAにマイクロソフトもそのサポートを表明しました。

WEBアプリは弊社では多くのブラウザー、そして多くのバージョンをサポートする必要があるので「やらない」と決めていましたが、PWAという既存のWEBアプリではないのでやらざるを得ません。感じた事はWindowsStore開発用のUWPアプリの延長線にあるものではないかという事です。

秋のWindows10の更新(2世代後)には「Sets」というものがサポートされる予定らしいです。これはedgeブラウザーの中でアプリを実行させる、簡単に言うと「タブで複数アプリを切り替えられる」という事です。今まではタスクバーから選択するのと何かと切り替えが面倒でした。ここらを大幅に簡素化するような感じです。このSetsもPWAの流れではないかと思います。(Chromeでも可能になっているかもしれません)

UWPに関しては興味があり、数年前から少しずつ調べてきましたが、SQLServerと直接アクセスできないので放置していました。これがWindows10のRS3(Fall Creators Update)からアクセスできるようになっていました・・・(公式発表はありません。。。)。Visual Studioの開発でWindows10 RS3をターゲットにすれば作成する事は可能です。
Windows10と言ってもいろいろBuildバージョンがあるのです。将来的にはWindows10だから起動できるというアプリではなく、Windows10のBuild XXXX以上とか面倒な事が必要になりそうです。

UWPにはもう一つ重要な事があります。それはプログラムの導入がユーザプロファイルの中だという事です。
従来マイクロソフトはC:\Program Fileなんちゃらに導入していました。これはセキュリティ上よくないものだと考え、ユーザ操作ができるものをユーザプロファイルのみにしようという意図があるのだと思います。

恐らく将来Windowsはユーザプロファイルのみアクセス可能にするのではないかと思います。

なんにしてもUWPとPWAを理解する事は重要な事だと思います。そして2世代後のWindows Updateではedgeが必須なものになっているかもしれません。そこまでしてマイクロソフトはまったく普及しないedgeを使わせたいです。ただ方向性は間違っていないと思います。

342233222322222222322222222222222222

クラウドの使い方

日本マイクロソフト、日本Amazonから頻繁に既存業務のクラウドへの移行に関する講習会のような案内が届きます。

はたして既存業務をクラウド化する意味はあるのでしょうか?

自動運転やらゲームソフトを作るのであれば、クラウドは重要だと思います。(思い出しましたが、AIとゲーム開発は密接なのです。ゲーム開発者がAIと呼ばれるものを開発する場面も多いようです。)

新たな業務であれば、試しにクラウドで開発してみるのもいいかと思います。ただし、クラウドに何を求めるのかは重要な事だと思います。

そして社内ではネットワークインフラを見直す必要があるかもしれません。そして一番重要な事は社内にネットワーク管理者を作るという事です。
ネットワーク監視をしないでクラウドと言っている方々は私には理解できません。恐らく何もわかっていないと思います。
社外に任せてもいいですが、業者は「申し訳ありません」を言わず徹底的に調査分析しているところでないと無理だと思います。

ファイルサーバーをクラウドにする話も稀に聞きますが。。ものすごくネットワーク負荷が上がる事、またバックアップを考慮すれば私はオンプレがいいと思います。

前も書いたと思いますが、日本マイクロソフト、日本なんちゃらが言うのとは別に海外ではハイブリッドクラウドが主流です。

なぜか私にはクラウドとかAIという言葉をよく耳にいます。そもそもクラウドとWEBサービスの違いをわかっていますか?と聞きたくなります。実際にはわかっていません。
私の定義はグローバルIPが必要なものがクラウドで必要がないものがWEBサービスです。両方をまとめてクラウドと今は言うのかもしれませんが、私の定義はこんな感じです。

クラウドでの運用コストは減るとは思えません。ハード障害の監視はしなくてもいいかもしれませんが、クラウド99,99%の稼働率であれば、年3回ほどは障害が発生するかもという事を意味します。まったく障害が発生しないかもしれませんが、切り分けは難しいところだと思います。

どうしてもクラウドにするのであれば、ハイブリッドクラウド対応製品を選択すべきだと思います。

最近クラウドとかよく聞きますが、WEBサービスとの違いもわかっていなかったりします。そもそもクラウドを使うメリットはなんでしょうか。それがわかっていない方々が驚く事に多いのです。

342233222322222222322222222222222222

龍文

稀に思い出すのですが、Windows3.1が主流だった頃、社内で自分だけ文書作成ソフトとして「龍文」というものを購入し使い始めました。

多くの方々はワープロを使っていました。当時のワープロは絶頂期で20万ほどしました。ワープロのフロッピー管理が面倒で私はほとんど使いませんでした。

(ここらから組織のやり方に従わない人間なのです。私は・・自分でよーくわかっています。ただ私のようなものも必要だとは思いますが・・。ワープロ最盛期?だった頃に消えると思っていました。。)

この龍文、名前でわかるように日本製です。着眼点は素晴らしく、海外製の文書作成ソフトは罫線がタイプライター文化なのでありません。

日本人は罫線が好きで、罫線がないと、いろいろ文句を言われたと思います。当時のワープロでは罫線が簡単に書けました。

私の他にも龍文が気に入ったものがいて最終的には数人使っていたと思います。当時のマイクロソフトのWordは罫線が使い物になりません。今でも罫線は貧弱です。罫線必須だとExcelを使います。

龍文というか日本ソフトの限界を感じたのはWindows95が出荷されたのですが、まったく95対応などしません。98が出荷された頃にやっとWindows95対応したとの案内が届きました。当時の一太郎Windows版が罫線対応できたのか私は知りません。一太郎という名前も知らなかったか、なぜに一太郎を試さなかったのかは記憶にありません。

結果的に龍文も一太郎も消えました。ワープロも・・。(一太郎あるのかもしれまんが・・ジャストシステムは買収され大きく変わりました。実質的には倒産です。)

Windows関連ソフトで日本製で素晴らしいものは知りません。元々世界で売るつもりはないからだと思います。結果的に消えるのです。私は日本製の基幹で使うソフトは買いませんし、ご紹介もしません。なぜなら、いずれは消えるからです。

ある海外のソフトをお客様のところに導入したのですが・・致命的な欠陥があり、いろいろやり取りして、音信普通になったので請求、入金を仲介したPayPalに電話やらメールでやり取りして無事返金されたというケースもありますが・・・。基本海外のソフトは優秀です。

このソフトの代替を探し導入させていただきました。こちらは優秀でした。

基本海外(英語)ツールの方が安く、痒い所に手が届くソフトが多いのです。

龍文を開発した方々は今は何をしているのでしょうか?外資系に再就職したでしょうか。龍文初めてで最後の日本企業の優秀なソフトだったと思います。

342233222322222222322222222222222222

小学校教育英語必須になる?

小学校3年から?何年からか知りませんが、英語教育が必須になるようです。

今の教員が教えるのでしょうか?皆でABCDEFGとか歌うのでしょうか?

個人的には日本人は英語コンプレックスが激しすぎだと思います。中学高校英語ALL3(5段階)の私が言うべき事ではない気がしますが。

TOEICも遥か前に何も勉強はしませんでしたという言い訳ですが・・400点ほどでした。

ただどうしても、私の仕事には英語は必須になります。少し調べるとすぐに英文になります。

ほとんどがGoogleなどの翻訳で英語から日本語に変換していますが、稀にチャットもします。その時は翻訳も使えません。(最近ではNetflix(仕事と関係ないですが・・)の障害でチャットしました)。外人にメールするときも、日本語からの翻訳は使えないと思います。私の日本語に問題があるからかもしれませんが。。

洋画は稀に見ます。吹き替えは見ないので、字幕だと話している内容と字幕が違う事によく気付きます。

ところで、小学校で小便をなんと教育するのでしょうか?映画など見る限り、peeです。よくpeeは使われています。peeは幼少期に使うとありますが、映画みているといい大人でもpeeは使っています。F○○kもよく映画で聞きますが・・。

小学校などで教育しても私は意味がないと思います。中学校からでも使える英語に変更すればいい話だと思います。文法は意味がわからなくなければ、さほど重要な事とは思えません。仮定形とかそこらは文法間違えると会話が成り立たないので重要です。

インド人が優秀なのは数学能力が高いのではなく、英語を共通語としている為だと思います。ホワイトカラーの仕事は英語を共通語で使っているとインド人の人に聞きました。英語使えるという事は今のインターネット時代、どんな英語のWEBサイトでも見れる事を意味します。

インド人以外さほど英語レベルが高いと感じた事はありません。

今の私の悩みは自分の日本語能力のなさです。どうも感覚で文書書いたりするのです。漢字もまったく知りません。読めるかもしれませんが、書けません。

これからの日本でも英語は必須になると思いますが、小学生から教育は必要ないのではないかと私は思います。

それこそ英語教育の塾やら勉強機材屋が儲かるだけで、結果的に使えないものになると思います。

342233222322222222322222222222222222

汎用Jpと属性Jp

どれほどのWEB屋さんがわかっているのか知りませんが、汎用jpと属性jpがあります。

汎用jpは弊社のようなxxx.jpで属性.jpはxxx.co.jpです。

一番の違いは管理費が違います。co.jpの方がjpより2倍以上の管理費をDNS運用会社に支払う必要があったと思います。

これらのDNS運用会社の日本の元締めがJPRSという団体らしいです。恐らくこのJPRSへの支払いも違うのではないかと思います。

基本法人企業はco.jpを使い、それ以外はjpを使うという事らしいですが、さほど厳密ではないので企業でも汎用jpを使ったりします。

日本企業でも.comを使っています。.comだとJPRSが管理していないのでDNS運用会社の移転などできない(?)なではないかと思います。.comは恐らくアメリカのIP運営会社だと思います。

そしてOffice365などのクラウド使うとDNS運用会社と密接に関係してくるので、へまするとOffice365が使えなくなり、メールの送受信ができなくなります。

私はもうDNS運用会社を変更するつもりはありません。ここらを正確に言ってくれないのが現状のクラウド製品です。Office365を使うにあたりDNSの設定が一番面倒でした。。。

342233222322222222322222222222222222

Java Platform有償化へ

JavaがOralce配下になった時、いつかは有償化されるだろうと思わなかったのでしょうか?

Oracleは主力のOralce DB保守料を毎年値上げしてくるとんでもない企業です。Oracleを使う意味が私にはわかりません。

そんなOracleが今迄Javaを無料で公開していた方が驚く事です。ついに有償化を発表しました。2019年1月らしいです。

日本の某大手IT会社は無料版の頃から有償で販売していましたが・・。Oracleいくらと言ってくるのでしょうか?想像もできません。

Javaの有償化の問題は開発環境及び実行環境でも有償化になるという事です。これはとんでもない事です。私は主にマイクロソフトのC#を使っていますが、実行環境は無料です。他の言語も開発環境は有料だが実行環境は無料です。

Javaどうするのでしょうか?私はまったく使っていないのでなんとも言えません。Windows上の開発プラットフォームでJava採用には反対しました。.Net FremeWorkが使えません。決めたのは何もしらないど素人相手なので話にはなりません。後々泣きをみるだろうと思っていました。もう顕在化しているようです。

無料として見えるWEBのWordpressですが、実際には広告収入だとかプログインが有料だったりいろいろあります。Googleも検索は無料ですが、いろいろ収入はあります。無料に見えるものはいろいろありますが、実際に無料なものはありません。

今までよくわからなかったJavaですが、これで答えが見えました。実行環境まで有料化でJavaを止めなけれとんでもない金額を支払う事になるのでかもしれません。

342233222322222222322222222222222222

ソフトバンク障害対応とAI

ソフトバンクの固定電話で通信障害があったようです。

原因を明確にしないのが日本の企業ではないか?と思ってしまいます。原因不明かよくわからない説明をして「申し訳ございません」と言います。通信障害で大きな損害を受けた企業もあるのではないかと想像します。

海外で許される事なのでしょうか?損害賠償はどうするんだろう、とか気になります。孫さん、これでグローバル企業を目指すとか笑われます。それなりの対応をしろ!と思います。

そもそも孫さんの自慢するAIで障害が発生する前にそれを感知して自動修復すれば!!と思います。彼は言っている事とやっている事がまったく違います。ここらが希代な経営者という事なのでしょうか。

孫さんを勝算するものが多数います。私も遥か過去そうでした。
少し彼のやっている事を見ると
理解できない行動が多いです。新制ソフトバンク2.0?とかいろいろ言います。子会社も上場するとか・・単なる金集めですが。。みず〇証券がメインなのでしょうか?ますますこの証券会社も経営が問題視されるようになると思います。

孫さんこれで損害賠償の範囲を明確にしてなっとくできるものであれば立派だと思いますが・・まずはしないでしょう。

342233222322222222322222222222222222

次世代WindowsとOffice2019

Windows10が最終Windowsだとかいろいろ聞きます。

Windows10の頻繁な更新をWindows11,Windows12と言うのであれば半年に1回更新されていると言えます。初回のWindows10はもう既に保守が終了しているので、実質保守サイクルは短くなっています。

Windows10が最終OSだと宣言されて一番喜ぶのは情報システム部門かもしれません。それはマイクロソフトがWindows10の保守終了日を宣言しないので、騒がなくなるからです。

残念ながらマイクロソフト米国サイトにも日本マイクロソフトにもWindows10の保守終了は明記されております。日本マイクロソフトだけであればその信憑性は乏しいですが。。

 私は日本マイクロソフトの発表やら指針はあまり信用もしません。全てが米国マイクロソフトが何をして何を考えているのかを見ます。残念ながらソフトウェア企業の日本駐在の外資とはそういうものだと思います。

米国からの次世代Windowsの噂がも聞きます。

一番の噂は次期Windowsでは32bitアプリが起動しなくなるとか・・・今はOfficeも32bitでの導入をマイクロソフトは勧めています。
ほんとうに32bitを保証しなくなるのか?と思いますが・・あっても不思議ではありません。

しかもOffice2019はWindows10でしか動作保証をしません。サポートが短く2025年に延長保守も保守切れするようです。マイクロソフト製品で10年保守を宣言しないものは初めだと思います。
これは・・・同時に64Bit時代に突入する事が考えられます。office2019の次世代は64bit版しかない事を意味します。

今の時代はソースがあってマイクロソフト標準言語であれば64bit版さほど難しい事ではないかと思いますが、どれが32bitでしか動作しないのか調べるのが難儀だと思います。(マイクロソフトは調査ツールを提供するとは思いますが・・)

一度Office2016を64bitで導入してEXCELのアドインが32bitしかなく痛い目にあった記憶があります。すべて削除して、32bitのOfficeを入れなおしました。

64bit版のプログラムしか動作しなくするのであれば、これは大幅な更新になります。万が一Windows10として発表されればWindows10という名のまったくの別物だと思います。

ここまでのリスクを抱えて64bit化する意味はなにでしょうか。それは多くのメモリーを使う事ができるようになり高速化、フリーズするような事がなくなる事だと思います。(最近ブルースクリーンというものは見ませんが。)

2020年に次期Windowsが発表され、それが64bitのみのサポートであれば、私は仕事の関係から次世代Windows上に仮想で現行Windows10を起動して使うしかないなーと思っております.

どうなるのでしょうか?

342233222322222222322222222222222222

AIに求めるもの

最近AIという言葉をよく耳にします。多くの方々はAIになにを求めているのでしょうか?

私が耳するAIと呼ぶものを具体的に話を聞くと”いやいや。。それはプログラムロジック・・・”というものがほとんどです。
AI将棋と言われているものは、将棋アリゴリズムの革命と処理能力の向上がもたらしたものです。(ここらの話は長くなるのでしませんが・・)

確かサティア・ナディアも現行AIは初期レベルでしかないと語っていたような記憶があります。

AIと言っても私にはピンときません。AIに何を求めるのかが重要な気がします。

ましな投資診断AI(投資診断アリゴリズム)ができた時、10年後の現在のテスラ、SpaceXの存続確率とソフトバンクの存続確率を求めたらなんという回答が得られるでしょうか・・問いただしてみたいと思います。

おそらくは不確実な回答をすると思います。2社共に存在するとか、倒産しているとかいろいろ回答するのではないかと思います。それらはアリゴリズムの組み方と何を学習させたかによるかだと思います。

私はAI判定結果がどうであれ、同一内容であれば2社のどちらかに投資する必要があれば、孫さんではなくイーロンマスクに投資します。イーロンマスクに感じるものは夢です。最近ではNASAもSpaceXに依頼するようになったとか・・。

AIにイーロンマスクを理解させるのは並大抵な事ではありません。彼は普通の人間には理解できない人です。20代でインターネット決済のPayPalを大成功させてそれを躊躇する事なく売却し・・・そして誰も考えない宇宙事業に全財産を投資するとは・・
最近イーロンマスクの事業がうまくいっているのかどうか私は知りません。

AIはどうすればイーロンマスクを理解できるのでしょうか。一般人の情報は数多くありAIに学ばせる事はさほど難しい事ではありません。イーロンマスクのような異端児に関するデータはほとんどない為、AIに学ばせることは極めて難しい事だと思います。

将来、ましなAIができても最終的に決めるのはそれぞれの個人、人だと思います。いくらAIという漠然としたものが発達しても最終的に決めるのは人だと思います。

342233222322222222322222222222222222

Windows Defender

Dellのノートパソコンが購入してから1年経過するらしく、McAfeeがもうじき評価機関が終了する旨のメッセージが出てきました。

ノートパソコンこそ出先で使う、外で仕事したくなった時にしか使いません。このノートパソコンでよくわかったのはもうパソコンはHDDの時代は終わったという事でした。SSDのノートパソコンの方がなんのメインで使っているHDDのデスクトップより高速です。
HDDのデスクトップを先にWindowsUpdateなどしてもノートパソコンよりものすごく遅れて終わります。

Windows Defenderの標準(Windows Essental?)でいいかと思い、McAfeeを削除しました。

しばらくして外で他のパソコンからこのノートパソコンに導入しているSQLServerにアクセスしようとしたところ失敗します。McAfeeは削除したはずなんだけど。。などなど考えて、他に思い当たるふしがなかったので、Windows Defenderをいろいろ無効化していきました。。

そしたところ見事にSQLServerが接続できました。ポートブロックしているWindows Defenderに驚きました。過去そんな事はしていませんでした。

Windows10のいつからかWindowsDefenderが機能向上した旨を見ましたが・・。これであれば、別段ウイルス対策ソフトいらないじゃない?と思いました。

WEBサイトに書かれた方法でSQLServerで使うポートをオープンにしてWindowsDefenderを機能停止にしなくてもよくなりました。

なぜにウイルス対策ソフト買うのか意味がわからなくなりました。

WindowsUpdate、その他を必ず更新する、基本マイクロソフトのものしか使わなければ、ウイルス対策ソフトいらないのかなーと思いました。
フリーのAvastとかお金払ってもいろいろPOPして面倒なのでしばらくWindowsDefenderのみですごします。

メインのデスクトップの方もあと数か月で評価版が終わります。

何に一番驚いたと言うと買ってからまだ1年なんだという事です。もっと長い時間使っている気がします。

スマホ中毒はないですが、パソコン中毒なんでしょうね。。私は。

342233222322222222322222222222222222