プログラム教育

Pocket

プログラム教育が始まるとか・・聞いた記憶があります。

プログラム教育、誰が何を教え、何が目的なのでしょうか。私は自称プログラマーですが、、仕事で新規開発などほとんどありません。工程管理システムの何本か忘れましたがそれと数本だと思います。基本オンラインシステムというものです。

パソコンでのプログラムなど趣味でVisual Studioのバージョン2か3とDelphiというものを買ってやり始めました。基本独学です。

オンラインシステムではCOBOLというものをやりましたが、COBOLと言うものより、IBM汎用機のオンラインシステムとかVSAMというファイルシステムを調べていたのがほとんどでした。なのでWindowsもOSを調べAPIをコールしていろいろした記憶があります。

社会人でコンピュータを知った私は「何も知らない方が先入観がなくていい」という先輩の言葉を鵜呑みして書いた記憶があります。バッチのCOBOLは「書けないものを見た事がありません」ただオンラインシステムはCOBOL以外を知らないと書けないのでオンラインシステムは無理というものが大勢いました。

私はバッチが面倒で嫌いでした。特に今や廃絶したサムファイル(今やログファイルくらいしかありません)というものが面倒で・・・。新人教育からサムファイルの扱いを止めました。これを知った先輩に叱られた覚えがあります。「基本だろう」と。。正解のない問題を新人にやらせ叱られた事も。。
ただこれらは今になってみれば私が正しかっただろうと胸を張って言いたいです。彼らは見る目がなかったのです。基本インデックスのないファイルは消え、世の中正解など決まっていなく、自分で考えるしかないのです。

プログラミングなど独学なので間違って書いているものもあるかもしれません。ただ正常に動作しているので結果的によいのでは?と思いますが・・、これはわかりません。

過去、私のように趣味でプログラミングしていたものが多数いたようです。私は前も書いたような記憶がありますが。。OSが作りたかったのです。

プログラミング教育どれほど役立つのかわかりません。今のIT業界趣味でプログラミングしているものなどどれほどいるのでしょうか。。

私は趣味が仕事になりました。。

342233222322222222322222222222222222

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)