災害とマスコミ

Pocket

台風19号による被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます

こんな体育祭の季節に台風が来た事など私の記憶にはありません。

川の氾濫は1990年頃に神田川で起こった事を記憶しております。早めに帰宅したのですが、中央線の電車が水の上を走るように走行しました。市ヶ谷駅前の釣り堀の魚は、みなどこかに逃げただろうなど思っていました。・・当時は若かったので混雑して、たらたら走っている電車でもなんとか耐えられた記憶があります。その後、川の氾濫に遭遇した事はありません。

東北大震災は直接現地に行かされ、震災にあわれた方々のを聞いてそれがもう脳裏にこびりついて、海際を車で通る個所は、「波来たら逃げ場所ないだろう」と思い、一気に通り抜けしたい気持ちでいっぱいになります。

災害は脳裏に焼き付くと思います。

来年はどうなるのでしょうか?また同じような震災が来るような気がします。温暖化が原因なのか地球軸が曲がったのかは知りません。

ここらを解明、対応してくれるものが必要だと思います。対応はすぐにできなくとも事実を知らせる必要が学者という方々には必要だと思います。

マスコミをいまいち信用できない私です。同じような報道を過大にしている事も度々でどこまで事実なのかわかりません。マスコミもネット同様信用できません。
話はそれますが・・リクナビ問題などあの江副さん事件より大きなものだと思いますが・・それを追求する報道などありません。今の情報時代、会社解散になってもなんら不思議ではありません。

前に道志で行方不明になった女の子を度々思い出します。道志は車でよく通るところで、私の好きな場所でもあります。うちの子供が小さかった頃、道志はよく行っていました。
この子のその後の捜査状況が私には気になります。生きていて迷子になっているのであれば、どう台風の中を生き抜くのでしょうか。あまりにも残酷な事です。
なにかの犯罪に巻き込まれているのであれば、マスコミはそれを追うべきです。それがマスコミの使命だと思います。

342233222322222222322222222222222222

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)