.Net 5

Pocket

米国マイクロソフトが.Net 5を発表しました。これはプログラマーにとって大きな出来事です。

今後.Net Framework、.Net Coreは廃止され.Netというものに統合するらしいです。なぜ5かというと.Net Fremeworkが現行Ver4だからだと思います。.Net Fremeworkは現行Ver4.8で終わりで今後バグ対応だけになるようです。

来年.Net 6を発表するらしいです。ここからが普及版なのではないかと考えます。

そもそも.Net Framework、.Net Coreなどわかっていないコンピュータ会社も多いのではないかと思います。フレームワークという言葉だけ知っているかもしれません。このフレームワークは、プログラム開発を楽にしてくれる骨格です。過去APIコールしてなんちゃらとしていたものが必要なくなりました。

マイクロソフトはマルチプラットフォームの開発言語としてVisual Studioを売り出しています。
Visual Studio(Visual Studio code)でLinux、Mac、スマホなどなどのアプリを開発できるようです。いくつかの有名なゲームはVisual Studioを使っていると立ち読みした本で知りました。

今コロナ下、毎年有料でやっている新技術発表をネットでやっており、誰でもYoutubeで見ることができます。(うざいのはリモート感丸出しである事です。。毎回くだらないいらない会話をします。。)
ライブ配信は少し見ました(録画状態になった字幕付きも少し・・見ました)。動画の数はいくつあるのかわかりません(全て見るには相当な時間が必要だと思われます)。

Visual Studioの開発ツールは現行バージョンで.Net 5が使えるらしいです。

Windows系開発者に関係する大きな変更はWEB開発しているものだと思います。ASP.netはわかりにくく・・・難解です。マイクロソフトも試行錯誤しているようですが・・
その他はしばらく.NetFremeworkを使い、今後開発するものは.Netになるのではないかと思います。(.Net6から?それまでは検証ではないかと思います。。)

恐らくライブラリーの更新なので、簡単には移行できないと思います。。その移行費用をユーザに請求しても受け入れられないものだと思います。長期に渡り.Net Fremework提供されると思います(IEと同じ位置づけだと思われます)。

過去のマイクロソフトはWindowsを他のOSより優位なものにするという戦略でした。米国マイクロソフト サディアCEO下のマイクロソフトは、全てのOSをサポートするというものです。私は過去のマイクロソフトの戦略が好きでしたが・・致し方ないというか・・Google、その他大手IT企業の「標準」を制覇する企業の熾烈な戦いなのでしょう。(Googleはマイクロソフト以上に捨てたり、別製品を発表するので安心して使えるものではありません。)

この世界、半年学ばなければ完全な過去の人になります。
なお、私が初めてパソコン言語として学んVisual Basicは終わりを迎える事になるらしいです。私は数年前からC#でプログラムを書いています。こうなる事は薄々感じていました。感ですが。。ただ本当のプログラマーであればVBからC#に移行するのはさほど苦ではないと思います。

マイクロソフトに聞きたいにはExcelなどのVBAとかどうするの?一貫性がないのはどうなのか?と聞きたいです。マイクロソフトのクラウド戦略の為にVBAが消えるのか?などなど。ただIE同様、VBA消える事はないと思いますが・・。どうなのでしょうか。私はVBAも使いません。稀に人の書いたVBAを読みますが、非常に見にくいです。しかも素人の方々が書くものは読みにくいのです。(私のC#で書いたものも素人だから読みにくいと言われるかもしれませんが・・。言われたら独学なんでと言うしかないですが、ほとんどのものは独学なのでしょう。)

後述)10年以上使った(置いてあった)パソコンがつい最近壊れました。検証どうしようかなーと思っていたら、Visual Studio更新したら勝手に.Net5が入っていました。。
.Net Fremeworkと.Netは共存できるようです。少し試してみました。やはり簡単に移行はできないと思います。.Net5で作り替えです。何が違うのかよくわかりません・・これから学びます。(ウインドウデフォルトアイコンが違うのはわかりました!)

342233222322222222322222222222222222

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)