Windows Defender

Pocket

Dellのノートパソコンが購入してから1年経過するらしく、McAfeeがもうじき評価機関が終了する旨のメッセージが出てきました。

ノートパソコンこそ出先で使う、外で仕事したくなった時にしか使いません。このノートパソコンでよくわかったのはもうパソコンはHDDの時代は終わったという事でした。SSDのノートパソコンの方がなんのメインで使っているHDDのデスクトップより高速です。
HDDのデスクトップを先にWindowsUpdateなどしてもノートパソコンよりものすごく遅れて終わります。

Windows Defenderの標準(Windows Essental?)でいいかと思い、McAfeeを削除しました。

しばらくして外で他のパソコンからこのノートパソコンに導入しているSQLServerにアクセスしようとしたところ失敗します。McAfeeは削除したはずなんだけど。。などなど考えて、他に思い当たるふしがなかったので、Windows Defenderをいろいろ無効化していきました。。

そしたところ見事にSQLServerが接続できました。ポートブロックしているWindows Defenderに驚きました。過去そんな事はしていませんでした。

Windows10のいつからかWindowsDefenderが機能向上した旨を見ましたが・・。これであれば、別段ウイルス対策ソフトいらないじゃない?と思いました。

WEBサイトに書かれた方法でSQLServerで使うポートをオープンにしてWindowsDefenderを機能停止にしなくてもよくなりました。

なぜにウイルス対策ソフト買うのか意味がわからなくなりました。

WindowsUpdate、その他を必ず更新する、基本マイクロソフトのものしか使わなければ、ウイルス対策ソフトいらないのかなーと思いました。
フリーのAvastとかお金払ってもいろいろPOPして面倒なのでしばらくWindowsDefenderのみですごします。

メインのデスクトップの方もあと数か月で評価版が終わります。

何に一番驚いたと言うと買ってからまだ1年なんだという事です。もっと長い時間使っている気がします。

スマホ中毒はないですが、パソコン中毒なんでしょうね。。私は。

342233222322222222322222222222222222

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)