Outlookに見るマイクロソフト

いつからか記憶にありませんが、Outlookの新バージョンが共存するようになりました。
あまり記憶にありませんが、今年度4月に新Outlookだけになるとなにかで見た記憶があります。

新Outlook、当初は違和感があり使いにくかったのですが、なんども使っているうちになれてきて今ではこれを使っています。一番のメリットは添付ファイルがある場合、添付ファイルをプレビューしながらメールを読んだり、書く事ができるという事です(できない時もあります。理由はよくわかりません。。)。
ここらは感と経験で動作を習得する必要があるのではないかと思います。どこにもマニュアルなど見当たりません。新Outlookのチュートリアルがあった記憶はしますが、詳しくは書かれていないと思います。
これが今のマイクロソフトです。どこかに英文の膨大な量のマニュアルサイトがあるとは思いますが、日本語版はありません。翻訳ツールでいいのですが、前置きが長い英語風マニュアルなど誰も読まないでしょう。

この新Outlook、WEB版のプログラムを使い、Blazorという手法でクライアントアプリで動作しているように見えます。これも私の今までの経験上の推測です。恐らく間違ってはいないと思います。

Outlookの添付がExcelだと何も気にしなければクリックした時に、WEB版のExcelが起動されます。WEB版Excelはまったく使っていないので使い勝手が悪いという印象しか私にはありません。ところで、VBAもずーと消えるという噂はあります。VBAでカオス状態になっている企業は数多いと思います。ぞれらをマイクロソフトはどうする気なのでしょうか。ここらも明確な方針を発表してほしいと思います。 VBAはIEにつぐマイクロソフトの欠陥品だと私は考えます。

多くの方々がIT素人です。OneDriveを使っている事も知らないかもしれません。Outlookで添付ファイルを開くとOneDriveに添付ファイルというフォルダーが勝手に作成され、そこにアップロードしています。マイクロソフトは添付ファイルフォルダーのゴミ掃除ツールを作るべきだと思いますが、あるのかないのか知りません。
またOneDriveはセキュリティを気にする企業であれば、デフォルトは使うと機密漏洩の穴になります。USBなどで外部に持ち出すより簡単に外部に持ち出す事ができます。

最近のマイクロソフト製品は、サブスク版を企業向け、買取を家庭向けと切り分けしています(発表はしていません。そのように感じます)。ヘルプ電話などどこかの外注だと思いますが、企業で買い取り版を買ってもそれは家庭用商品という事で満足な対応窓口はありません。WEBのみのヘルプヘージです。最近は家庭向けにもサブスクを売ろうとします。似たような名称が多く迷ったり操作がわからなければサブスク版を導入するように導きます。

マイクロソフト社の主命題は今はなんなのでしょうか。クラウド売上でNO1になる事なのでしょうか。価格が適切であればハイブリッドは魅力です。ただ私の感覚では高すぎます。
Azureは
どうやってもどうやってもAWSには追い付かないようです。今後も追いつく事はないでしょう。なぜならAWSは、多くの素人関係者にささえられています。なぜにAWSを採用するのかは私には理解できません。

最近マイクロソフトは次期WindowsServerではパッチ適用した後、再起動が必要なくなる?となんかの記事で見ました。これ数十年前に聞いた事があります。当時、信じていたのですが数年しても実現しなく、マイクロソフトは自ら発言した事を忘れてしまったようです。次期WindowsServerの話もハイブリッドクラウド前提なのかどうかよくわかりません。言葉半分で聞いています。

Windows、マイクロソフトが無名だった頃から知っていますが、その当時の魅力は今のマイクロソフトにはありません。Outlook(見通し)がまったく見えません。

追記)イーロンマスクが新ラップトップにWindows11を導入する際マイクロソフトアカウントがないと導入できなく、そんなもの作りたくないという事で色々聞いたところ、WIFIを切ってどうしたとあったようです。その後サティアにX(Twitetr)でこの問題をどう考えるのか問合せしたようです。サティアかの回答はないとか。。本当にイーロン自らWindows11を導入したのであれば素晴らしい事です。誰かに任せず自らやるのは色々な課題などトップ自らセキュリティのリスくを知る事になります。イーロンマスクのかかえる企業であればセキュリティ管理は大きな事案です。最近のマイクロソフト製品なにかとOutlookアカウント、ネット接続が必須です。

本当にこの数年のマイクロソフトは腹立たしいです。今、一番倒産してほしいのはマイクロソフトです。ないですが、万が一倒産してくれたら私はLinuxを使います。

そして円安で海外のクラウドは値上がりしています。今日円建ててAzureを使っている企業は17%の値上げになるというAzureなど使っていない弊社まで届きました。これでも海外のクラウド使うのでしょうか?

人生運

人生には運が重要だと思います。運はつかみ取りものだと思います。
人との出会いも運のたわものだと思います。なので色々なところに(なるべく)積極的に顔を出すようにしています。

自分が運がいいと思うのはまずは大学受験です。高校3年の11月迄なんとなく「国立行こう」と思い苦手な科目を稀に勉強していたのですが、基本苦手な事を避ける私はほとんど勉強などしていませんでした。12月に国立は絶対に無理と思い私立にしぼました。受験しようとした私立も模試は全て判定F(絶対に受からない)というものでした。模試は模試と割り切りあまり参考にはしませんでした。大晦日だけは神頼み感覚で勉強していたのを覚えています。それから得意な数学を中心に数学は医学部向けの難問を中心に1か月か2か月勉強していました。
よく覚えていますが、一番行きたかったところが初受験でした。数学ほぼわかりましたが図形を描くため分度器など持参するようにとあったらしいのですが、もっていかずフリーハンドで書きました。手ごたえはありました。その次は唯一合格した大学の受験です。なぜか偶々前日見た模擬問題と似たものが多数あったと記憶しています。物理も英語も何気にわかりました。受験時間の半分ほどで終わり、一校目の受験の採点をしていたのを覚えています。その他3校受けました。滑り止めのようなところはどこもありません。

2校目の合格発表があり、私は正規で受かりました。3校目以降その発表後だったのでもうやる気はありません。私のような性格には無理なのです。1校目は不合格でした。フリーハンドでなければ受かったかな・・・など思いました。ただ後々1校目は進級が難しく4年ではなく6年が平均だと聞き、行かなくてよかったという事になります。

なにせ当時は数学の点数が全てでした。今は数学の問題は少し考えると頭痛がするくらいまったくわかりません。微分、積分くらいであれば・・・わかるかもしれません。

模試のF判定を見事にくつがえしました。全てが運かもしれません。
大学入って友人ができ色々話していると多くが正規合格でない事を知り驚いたものです。今でも大学の友人とは年1回ほどあいます。

大学4年間は「地元」からの解放です。今まで無縁だった都内の遊び、今までにない世界も知りました。ほとんど大学いかずバイトしていたのでサラリーマン以上の収入はありましたが、月末には金がなくなっていました。何に消えたのかは記憶にありません。

高校時代の多くの友人は予備校に行きました。数回遊びに行くので予備校に行きました。当時誰でも入れたのです。それらを見て、私には浪人生活は無理で、運で1校大学受かった事は大きいと思いました。浪人生活していたらまともに勉強しただろうか・・そんな事私にはできるだろうか。。と何度も思いました。
高校時代で覚えているのは抜き打ちテストの成績上位者を張り出すのですが、私と数回数学が同率一位になったものがいます。彼は一浪して理科大、理学部数学科に入ったと風の便りに聞きました(当時この学部は超難関だと聞いた事があります)。今なにしているんだろうと稀に思いだします。高校時代で一番知りたいのそれです。私と正反対の感じでした。当然友人でもなかったので高校卒業して一度も会った事はありません。

就活も真面目に考えず、バイトのように入ってみなければわからないだろう。。と思いどこでもいいと思い、就活活動していました。当時のN〇Cの子会社の就活生向けの何かに行きました。これからの新人は「英語、コンピュータ、〇の3つが必要だ」と言っていたのを覚えています。3つ目は記憶にありません。全部できねーじゃんと当時の私は思いました。当時就活が不安になりました。その後N〇C本体の人とよく会いましたが。そんな3つできる人などみた事ありません。ひとつもできない人がほとんどです。就活、人事部かなにか知りませんが、言いたい事をいいやがるともよく思いました。

学校推薦で調布にあった会社に新卒入社しました。当時学校推薦は多かった覚えがあります。ただ成績順です。この会社もあのタイミング、あの時の環境で入ったものは神が与えた環境でした。私は就職面接で情報システム部のような事を言われたので、コンピュータはまったくできない事を素直に伝えました。配属されたら情報システム部でした。開き直り「4年間勉強しなかったんだからやるか」と思い色々学び始めました。どのタイミングかわかりませんが、なぜか当時の部長に認められ色々金のかかる講習に行かせてもらいました。聞いたら先輩がまだ参加した事がなく、2人目だとかいう高額なものにも参加しました。管理職だけの朝ミーティングもなぜか平社員で私だけ呼ばれたりしました(遅刻などしましたが・・)。部長以外どう思っていたのかは知りません。
ただこの部長、絶対君主みたいな感じでした。ある時、部内クーデターみたいな感じで追い出されました。追い出された後、次の部長は役員が連れてきた人です。私はこの部長に徹底的に嫌われました。サラリーマンなどそんなものだとこの時感じました。初めの部長に別段取り入ろうなど私は思ってもいなく、思ったとしてもできない性格です。

ただ初めの部長のままだったら私は退職などできなかったでしょう。そんな事言えるような感じではなかったのです。2人目の部長へは気などまったく使わらず、私は「いつでも辞めてやる!」が口癖でした。振り返るとそんな事は言うべきではないとわかりますが、当時まだ20代でした。

そして転職、色々あり現在に至ります。色々な人に出会いました。皆どうしているのかなーと稀に思います。

Google TV

2024年度もよろしくお願いいたします。

正月明け数日経過したあたりに何気に嫁と近くの量販店に行きました。50インチテレビが税込み4万円弱で売っていました。メーカは聞いた事もないものです。
私の部屋のテレビ既に12,3年ほど経過していると思います。一時期買い替えマイブームがあったのですが、あまり見ないし・・と思いそのまま放置しました。今回4万円弱なので思わずショピングカートに入れました。暫くしたら6,7台あった在庫がはけていました。皆考える事は同じかと思い、そのテレビを購入しました。

購入後、自宅に戻りさっそく設置しました。
電源入れた時に左上から5センチほどのラインが上下に入っています。液晶不良です。
このTVメーカサポートは365日無休らしいので電話しました。電話したところ写真を送ってほしいと言われわので送りました。翌日なんの連絡もない為再度電話しました。電話の返答は「どうやってもって帰りました?」「設置は1人で行われたのでしょうか?」などまともな対応はできないようです。最終的には購入した量販店に電話してほしいと言われたので電話し、近場なのでもっていき返品しました。

液晶不良はありましたが、設定は一通りしてみました。WIFIに対応し、Netflix、Youtubeも見れます。いつもパソコンで見ている私にしては違和感はありましたが。。Google TVというものらしいです。よくわからないメーカは日本のベンチャーでOEM生産で販売しているようです。

Google TVとういうものに魅入られたので・・、返品した後よくいく家電専門の量販店に行きました。そこには多くのテレビがありました。5万円ほどから高額なものまで20万円のと5万円のと何がちがうかわかりません。販売員に聞いたところ画面が滑らかになる為の機能が・・とか言っていましたが。私の眼にはわかりません。

結果的にTCL社の5万円ほどの42型TVを購入しました。+1万円ほど違いますが、TCLは聞いた事があるメーカーで、驚いた事に世界NO1,2位のTV販売数だそうです。液晶保証はすると販売員は言っていました。

10年以上前のテレビは買った時は軽くなったと思ったものですが、最新のものと比べると重いです。パソコンの知識がないと家電もセットアップできない時代になったと色々セットアップしながら思いました。

Google TVなので何をハッキングされているか知りませんが、自動でOSの更新などしてくれるので楽です。テレビは以前のものより明るくなりました。古いテレビを長い間見ていていたので違和感はあります。

一番気に入ったのは寝落ちするとパソコンのスクリーンセーバーのような画面になり、消音もしてくれます。夜中寝る間際にテレビを見る私には便利な機能です。
課題もあります。電源を停止すると起動までに時間がかかり、電源ボタンに反応しているのかどうかわかりにくいという事があります。基本使用は常時電源ONでスリープ状態の使い方ではないかと思います。(高額なものはどうなのかは知りません)

テレビも色々進化しているようです。

LINEを使い始めました。ただすぐに休眠状態へ。

メッセージアプリは、家族しかやり取りしないので、Telegramを無理やりインストールさせそれを使っていました。

LINE、何度も友人に言われ、”絶対ヤダ”と拒絶している訳ではないので導入してみました。その後、どうしてもLINEでやり取りするというところ(私が顧客?)があり少し使うようになりました。

長い間、LINEを使わなかった理由は、基本パソコン利用者の私は”LINEパソコン版”があまりにも貧弱だったためです。Telegramのパソコン版はインストールした後に1回だけ認証すればパソコン版、スマホ版共存する事ができ違和感なく使えました。Telegramのいいのは日本でほとんど使われていないので広告がありません。

数年ぶりにLINEパソコン版も導入しました。パソコン再起動後LINEを使う時に毎回認証する必要がありますが、それ以外は最新のメッセージも引継ぐ事ができ、私が過去見た時より使えるようになっていました。

TelegramになれているとLINEは驚く事があります。まず1週間で添付ファイルなどが開けなくなります。Telegramではどれほどあるのかわかりませんが、基本消えません。
LINEで電話番号非公開だから気軽に友達登録し、その後削除した場合相手も消えるものだと思っていたら、電話番号同様に相手に残っていると知りました。少し考えれば当たり前なのかもしれません。ただ電話番号教えるのとLINE IDを教えるのは何が違うのでしょうか。基本なにもかわないと思いますが。。(LINEをアンインストールするしか方法がないと思います)

日本でなぜにLINEがここまで普及したのかは知りません。スマホカルチャーには日本独特なものが数多くあります。メッセージアプリなので相手にも導入する必要があります。LINEに関する批判も数多いのは知っていますが。。LINEに多大な問題が発生し、LINEの代替アプリが一気に市場を独占しないと暫くはLINEの天下は継続します。LINEさほど収益があるビジネスモデルではないと思いますが、どうなのでしょうか。

Telegramは最近、色々な犯罪で使われ有名になりました。Telegramは犯罪で使われる為に開発された訳ではありせん。元々ロシア人が作ったものです。ある時ロシア政府から内容公開を迫られ、海外に逃亡した人達が出資者のもと今でも開発しているツールです。LINEより数倍優れています。ただ優れたツールが日本で普及する訳ではないというのは知っています。

誰かこれからはメールでなくメッセージアプリで仕事ができると言っていました。
TelegramもLINEもトーク画面で既読か未既読かどうしても眼に入ります。既読がつき、返答がないとか既読されないとか。。本当にメールの代替になるのでしょうか。例えば家庭教師だとかの仕事であればメッセージアプリでいいかと思いますが。。
メールであれば読んでいるかいないかさほど気にしません。送るという行為だけで終わりです
私も化石化してきたのかもしれませんが、メッセージアプリがメールの代替になる事はないと思います。共存はありえます。意味のないミーティング、、日本人好きですが、この代替であればメッセージアプリはありだと思います。

私のLINE利用もそろそろ終わりなのでしばらく休眠します。いつ再度LINEを使うことやら、、

母親

私は長年両親と同居していました。母親が2か月程前、突然で亡くなりました。父親も突然亡くなり4年半経過します。

母親、亡くなる4か月ほど前に体調不良で救急車を呼び搬送しました。診断結果はコロナでしたが、ワクチンのおかげで翌日には体調は回復したようです。ただ元々足腰が弱く歩行が困難でした。数日寝たきりで、さらに足腰が弱まったようです。自力では立ち上がるのも無理になったようです。その結果、病院の方から特養の施設を紹介されました。

当時特養という言葉も知りませんでした。家の近くの特養を調べると入所待ちが多いようでしたが、紹介された特養はまだ空きがあり2週間ほど後に入居できました。ただ施設入居後、2か月少しで亡くなりました。

父親が亡くなった後、母親は基本、介護支援専門員の方に任せていました。なので同居はしていましが何をしていたのかは知りません。特養入居した後の方が特養の方から週数回の電話がありました。どうでもいい内容ばかりでいらいらしていました。

亡くなった日も食事をしなくなったので病院で診察するので来てほしいと特養から言われ付き添いました。母親とは朝少し話しました。特にいつもと変わりはないです。特養は病院付き添いはせず必ず家族を呼び出します(サラリーマンは無理だと思いますが)。

入院した夕方病院から電話があり、「心拍数が半分になった、至急来てほしい。」と。朝話したばかりで体調不良にも見えなかったので意味不明でした。とりあえず病院に向かい、入院している6階へエレベーターであがり、6階についたと同時に電話がなり、「たった今心肺が停止した」と。その場で唖然としていました。朝話したばかりだろうと・・。その後、嫁、弟などに電話しました。
親父の時もそうでしたが、弟は深夜といか早朝かけつけました。母親は帰りたかっただろう家に一晩安置しました。

特養には亡くなった深夜に電話しました。翌日、その翌日もなんの連絡もありません。個人的に特養には色々思う事があるので、市の特養を管理している部署に電話して報告書をまとめるように言いました。私はまとめさせる事が目的だったので報告書は弟にそのまま渡しました。

母親はまだまだ生きたかったのでしょうか。ただ施設暮らしは母親には無理だったようです。歩ければ放置状態ですが、いくらでも家にいてよかったのですが。。介護の方と嫁に任せきりでしたが。。

ifで考えれば色々あります。
特養などではなく自宅にいたら。入院した病院が違っていたら。。私が入院日を数日早めたら、母親は今でも生きていたかもしれません。私はどうすべきだったのでしょうか。。

私は近くで長年、親父、母親といたので良くも悪くも色々な思い出があります。長く離れたいた弟は何を思っているのでしょうか。弟の記憶と私の記憶は色々違うと思います。

永遠の命などなくいつかは亡くなります。いつが死亡適齢期なのでしょうか。人生100年。どこかのCMなのかどうか知りませんが、知っている限り100歳まで生きたものはいません。ほとんど80代です。もっと早く亡くなるものもいます。

私でもいつかは命尽きる時がきます。面倒なので嫁より早くその時を迎えたいですが・・。

WEB アプリを学ぶ

最近、必要に迫らせWEBアプリを学びました。
弊社のサイトでHTML少しとWordPressは知っていますが、その他はほとんど知りませんでした。

企業で使うWEBアプリなのでSQLServeなどのデータベースの接続、読み書き(CRUDというらしい)は必須です。

最初簡単そうなPHPを検討しましたが、PHPを動作する環境構築(サーバー構築)が大変でWindowsだからなのかよくわかりませんが、Linuxでも大変だと想像します。試行錯誤してもPHP動作しないので諦めました。

JavaScriptの動作環境もよくわかりませんが、node.jsという環境が必要なようで、PHPで疲れていなければ試みましたが、いまいちやる気がなく辞めました。

こうなるとマイクロソフトが最近宣伝しているいるblazorしかないと思い、試してみました。SQL(文)派の私にはこまわりが効かなく、こんなの使えるの?というレベルでしかわかりませんでした。blazorそのものはなんとなくわかりましたが、小回りのきく(煩雑な)SQLを直接コーディングする為には大変な労力が必要そうである事もわかりました。まだ発展途上なのかもしれません。そもそも「煩雑なSQLを書くなと」いう事なのでしょうか。いまいちわかりません。
その他ASP.NET MVCというものも試しましたが、これもblazorと同じ感じです。

blazorとASP.NET MVC見ていて感じたのはブラウザープログラムもバイナリーになったのか!という事です。HTMLとかJavaScriptは完全なインタプリタ方式です。パソコンなどの処理能力が上がった今インタプリタ方式の問題はソース内容が全て公開されてしまうという事だと思います。これは誰でも編集できてしまい、それが思わぬトラブルになります。

どうしようかと色々探した結果、純粋なASP.NETはほとんどC#とHTMLの機能のみを有したものでした(JQueryも組み込めます)。煩雑なSQLも直接書けます。まだまだ.NET FremeWorkはサポートされそうだし。。という事でASP.NETにしました。今までの苦労がなんだったのかという感じです。

WEBの世界も色々あると思いました。よくあるWEBサイトのように表示だかとか新卒募集などでメールを飛ばすだけであればWordPressとかHTML+JQueryで十分いけますが、SQLとなるとここらではできないと思います。PHPであればSQLは書けそうでしたが、環境構築がよくわかりません!!。

マイクロソフトよりVBS使っての開発が非推奨になると発表されました。意味は将来廃止になるという事です。廃止になってもIE同様なんらかの設定変更すれば当面使えると思いますが、、。ただWEBサイトをVBSでちまちま書くのは大変な労力です。

WEBとは関係ないですが、噂ですがマイクロソフトはOfficeをサブスク化したいが為にVBAも葬りたいようです。恐らく実際にはもう発表されているとか言われていますが数年以内には正式に発表されると思います。

ASP.NETで作ったら非常に簡単でした。HTMLでも書けるし足らない部分は通常のC#、JQueryでも書けます。クライアントがWindowsパソコンのみであれば十分な気がします。ASP.NETは一部バイナリー、一部HTMLで動作するようです。ただ想定外の事も多数発生します。その時に使えるのは今までの経験と検索です。

そして一番重要な事は英語サイト、YouTubeを調べるという事でした。今回英語(海外の)YouTubeが非常に参考になりました。英語は聞き流しでもプログラマーであれば見ていればわかると思います。

スマホ バッテリー膨張

私の購入したスマホですが、使用1か月ほどでパネルと本体がはがれ始めました。落下はありません。買ったものは最近値下がったPixcel 7です。(7aではありません。)

 今Pixcelでも修理専門業者があり、近所だったので聞いたところ保守なしだと2万円弱だとか・・あまりにも高額で驚きました。(修理はしてもらいません。バッテリー交換くらいであれば自分でやります・・。)。

Amazonに出品している販売店から購入したので、そこに写真付きで剥がれているクレームを送りました。当然のごとく交換は無理だと言われました。それでも数回やり取りしました。その間完全にスマホを分解しました。なんとバッテリが片側膨張しています。はずれを引いた事がわかりました。バッテリーが膨張している事も伝えました。

最終的には販売店はAmazonカスタマーセンターに問合せくれと言いました。Amazonカスタマーセンターとはチャットで会話しましたが、センターの方は中国の方だと思います。チャットのよい事は記録に残るという事です。

Amazonサポートセンターの方は今までの流れを伝え、販売店とのやり取りも見てもらいました。担当の説明ではAmazonマーケットプレイス保証というものがあり、最高額30万内であれば保証できると言われました。審査が認められれば1週間程だと言っていました。今回の件、ここまで色々資料があるので審査でひっかかる事はないと話もしていました。

Amazonの審査は今までの話とまったく違い、棄却です。棄却理由の内容見ても分けわからない事が書かれています。カスタマーセンターの法人担当に電話しました。法人担当は電話しかなく、日本人です。再申請してくれと言うので再申請しました。それでも再度今までの経緯をまったく考慮しない内容を書いた文面で棄却でした。この棄却したものと話がしたいと思いました。

私は再度法人担当のカスタマーセンターに連絡しました。その担当には今まで流れ(チャットのやり取り、審査の回答を)よくみてもらいました。担当曰く審査はまったく的外れな内容で、自分の方で対応すると言い、ただしAmazonのギフト券での返済になると言われました。Amazonよく使うので別にそれでもかまわないと言いました。

それから2時間後、「今回は特別にAmazonギフト券で返済する」とメールがありました。私が棄却以外は電話ではなく、メールにしてくれと言ったのです。ただこの今回は特別に!というコメントには腹が立ちましたが、もういいです。実際にスマホ代のギフト券が支給されていました。カバーなども買ったので3000円ほどはマイナスです。

そもそも訳わからない対応したのはAmazonです。既に返却済だというのをまったく無視した対応でした。

スマホで外れたのは今回が初めてです。もうスマホに興味がなくなり、今のスマホを後1年か2年使おうと思っています。
私がスマホに求めているのは耐久性とバッテリーのもちです。Pixcel7、使っている時バッテリーの持ちが現行機と変わらないほどでした。バッテリーが不調でそうなっているのかと思っていたら、Pixcel7はバッテリーに対する不満の声は数多いようです。
Pixcel7は表面ガラスの耐久性は今のスマホよりよいものが使われているようでした。今のミドルスマホと言われているものは、ほぼ耐久性のないガラスです。Pixcel7aも耐久性のないものです。1回落としたら運がよくなければ割れるでしょう。現行機と同じ耐久性は10万円以上するハイエンドにしか搭載されていません。現行機は名機なのだと思います。

Android Autoでの処理速度はCPUの処理速度が違うのでPixcel7の方がはるかに快適です。ただそれだけです。

購入して1ヶ月ほど放置していた私が悪いのですが、スマホを送らずに却下されたのであれば意味わかります。今回ヤマトから送った控えを偶々もっていました。なかったらどうなっていたのかわかりません。

今後何か買ったらすぐに動作チェック、使用を開始し問題あればすぐに連絡しようと思いました。

スマホはCPUの処理速度向上はともかく対消費電力が下がらないと使いものにはならないと思います。そして最近の円安もスマホが高くなるだけです。しばらく現行機を使います。
現行機はXiaomi 11 Lite 5gです。キャリア変更して2万円以下で買いました。この価格で耐久性があるのものは今はありません。

12期目と税理士

弊社、色々な方々に支えられ、12期目を迎えたようです。

会社設立は簡単で、司法書士に書類を書いてもらい、司法局に提出するだけです。今の時代誰でも簡単に株式会社は設立できるようです。

1期目は色々大変でしたが、とどめをさされたのは税務申告です。暇だったので税務署の毎年開催している説明会に出席しました。そこには多くの中小企業の経理担当者が出席していました。話の内容では毎年のようになんらかの変更があるという事です。こんな事、税理士に依頼しないと無理だとわかり、そこから税理士を探しました。

税理士も戦国時代に入ったようで今まで最低顧問料、月3万ほどだったのが自由化された頃だったようです。これにより安価な税理士事務所が多数できました。弊社の契約した税理士事務所は月1万数千円です。弊社は事業内容からしてさほど税理士に依頼する事はなく、決算の時くらいにしか話もしません。(後述:今は計算したら決算含め3万円弱払っていました・・。知りませんでした。)

日本のサラリーマンであればよほど資産があるとか何かなければ税理士に相談する事もないでしょう。税理士も大変でよくよく見れば税理士事務所はいたるところにあります。試験は難しいわりには税理士で独立するのは至難の業なようです。

私は当時暇で開業した税理士のブログを毎日のように読んでいました。そこにコメントしたある税理士事務所に契約を依頼しました。ブログ書いていた人ではありません。。契約した税理士事務所(税理士法人)は新宿にあります。

税理士資格のあるものが2名ほどいれば。税理士法人となのる事ができるようです。多くあるのは個人の税理士事務所です。

契約した税理士法人の代表社員(社長のようなもの)は拡大路線で当時5つほどの事務所だったのですが今やその2倍の10事務所ほどはあります。

どれほどかは知りませんが、税理士の資格は難しく、税理士を目指している多くのものを採用し割安に業務を任せているように私は見えます。

士業も大変で弁護士、税理士などが取得が難しいのではないかと思います。その次が社労士だと思います。一番簡単なのが司法書士だと聞いた事があります。

弊社の契約している税理士法人の売上がどの分野に偏っているかは知りません。今や税理士、社労士、司法書士が在籍しているようです。

私は1年に1回新宿の契約している税理士事務所に行きます。その他はメールで稀に質問したり、なんらかの支払いを依頼されたりするくらいです。

まあ12年間色々ありました。このブログも来年6月には閉鎖しようと思います。6月が契約更新なので。

本当に売込が多いです。サイト内容が問題あるとは思いますが、12年間で仕事の問い合わせらしきものは知っている限り1回です。最近売込メールは毎日のように届きます。

(追記)サイトの契約を終了すると仕事のアドレレスでのメールの送受信ができなくなるので、問合せだけ中止するようにします。。。契約終了にはできません。。

342233222322222222322222222222222222

AAWireLess

テニスなどでよく知らない場所に行くためにカーナビを使っていました。

私の車、基本文句ないですが、唯一の不満はカーナビでした。どうもカーナビが賢くないのです。

数か月前からAndroid Auto上のGoogle Mapを使っていました。最近スマホを衝動的に買い替えました。。。Android Autoの為ではないのですが、ナビゲーション開始にかかる時間大幅に短縮されました。

Android Auto(Google Map)パーフェクトではないですが、今のカーナビよりは数段ましです。知らない場所に遠出するには地図が自動更新されるので便利です。

Android Autoを使う上で私の車はUSB接続する必要があります。USB接続はいいのですが、充電も始まるので、ちょくちょく接続するのはスマホの寿命を縮めるのではないかと思っていました。Bluetooth接続を調べたのですが、私の車ではそのような機能はありません。

AAWireLessという製品がUSB接続しなくとも中継器になり、スマホ側はBluetoothで接続する事が可能になると知りました。AAWirelessの他に色々なメーカがその手の機器を発売しているようです。調べた結果、無難さそうなAAWirelessを購入しました。この機器、ヨーロッパで開発されたようです。

設定などはYoutube見ながらやればさほど難しい事ではなかったです。

AAWireless使い始め1か月ほど経過しましたが、何の問題もありません。USB接続の時は運転中コンビニなどに立ち寄ると再度設定が必要でしたが、Bluetooth接続でやればその無駄な事も必要がないようです。これはAAWirelessのアプリによるものなのかどうかはわかりません。

Android Autoこのようなサービスを無償で提供するGoogleの商売の手法には驚かされるものがあります。調べるとこのようなスマホ上のマップいくつかあるようです。Yahoo Map、Yahooカーナビ、トヨタのmovilink、当然IOSのMAPなどなどあります。Google Map以外使った事がないのでよくわかりませんが、Yahoo,movilinkなど一部課金するものがあるようです。

どんな目的でこのような無料MAPを開発しているのかはわかりませんが、このデータを解析すれば行動予測色々な事に使えそうです。どうしているのか知りたいものです。

342233222322222222322222222222222222

テニス2年目に。

まだテニスしています。2年が経過しました。
スポーツジムに通っていた時は行くのが苦痛でしたが、テニスにはそれがありません。

テニス、遊びでする分には相手に迷惑かからないレベルにまでなったと思います。それなりにシングルスでもダブルスでも練習試合は可能です。ただ今後、今のレベルからもうあまり・・進歩はしないような気がします。体がスポーツするようにはできていないので・・。。

Youtubeで見る世界のトップテニスプレーヤーは華麗です。動物で例えたら強い、神秘的な鹿です。世界のトッププロは、日本のテニスプロにはないようなものをもっているように見えます。

今もテニススクールには通っています。ストローク、ボレーに関しては今のテニススクールでだいぶマシになったように思えます。今のテニススクール通っている人は試合によく出ているようです。機会があったら私も出ようと思いますが、どちらでもいいかとも思っています。今のテニススクール辞めたらもうテニススクールはいいかと思います。

テニスオフとかテニスベアーというサイトがあり、ダブルスの試合形式の練習とか色々申し込めます。最近顔見知りもできました。地域特定型なのでどこかで見た事ある人と一緒にする事が多いのです。

最近、人は自己満足の為に生きているのではないかと思いますが、テニスなど自己満足のひとつです。テニスしている人は特に自己満足派が多いように見えます。

2年経過しましたがテニスラケット、ガットの違いなど基本よくわかりません。ガットは種類(糸の種類)と、本数の違いによる打球感の差だけはわかります。ラケットは多くのメーカーが出していますが、それぞれ何が違うのかもよくわかりません。ラケットは2万から3万円で買えます。同じメーカーであればグリップの太さも同じだと思うので、今後ラケット買うのであれば通販で買えばいいかと思います。ガットはテニスショップで3,4千円ではってくれます。割合近くのショップは1日で貼ってくれます。
ラケットはテクニファイバーというテニスしていなければ知らないものを使っています。2年前に初めに使ったラケットがこのメーカーなのと人気があまりない為か、すぐに値下がりします。

テニスオフで知り合う人は自分でガットを張っている人もいます。貼り機は安いものは2万ほどで買えるようです。聞いた話では、テニスショップの2,3割の値段で新しいものが貼れるようです。これも自己満足のような気がしますが・・。

何歳までテニスするのかは知りませんが、他にしたいスポーツは別にないので当分テニスしています。卓球などもいいと思いますが相手がいません。この手は私は好きなのかもしれません。

最近日焼け止めも面倒でしていないので黒くなっています。ただ、私の唯一続いているスポーツです。

342233222322222222322222222222222222