囲い込みのIT業界

年1,2回ほどリフレッシュの為にITイベント関係に参加します。

今回はHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャー)中心のイベントに参加しました。わかる人しかわかりませんが。。。IBMのPureSystemのようなものです。

これは何かというと各ベンダーが独自の技術で箱型セットを販売しています。OSからストレージまでセット売りのボックスです。メーカにより違うのですが、2セットから3セットで冗長性を確保するようです。

基本5年保守なので保守切れに近くなった時は同じメーカの新型のボックスを購入すればデータ移行などは自動で行うようです(メーカの言葉をそのまま信用すれば・・)。ただこのボックスは安くはなく数千万するようです。

面白くなくさほど聞いてはいませんが、このボックスの中はVMwareか、Hyper-Vなど仮想化して使うと思います。

別メーカに移行するのであれば、現行と同じで計画、作業が必要になります。

クラウド同様の完全なる囲い込みです。クラウドは月額にして安く見せていますが、このHCIは初期投資が高額です。大手素人IT部門が顧客のターゲットなのでしょうか。

その他は・・〇屋のA-L〇GというLOG収集レポートツールが展示してあったので、”ファイルサーバーからフォルダーをドラグアンドドロップでパソコンに移動させてしまったらWindowsログに載りませんよね?”と聞いたら、”そうですね。最近は通信機器のログ収集に主に使われています”と・・無駄にログを収集していますというところ以外使えません。
このツールはログを成形して見せるだけのツールです。ログに書き出されない限りわかりません。Windowsの仕様なのか決定的な問題があり実質使えません。

このA-L〇Gは10年以上前〇屋の売り言葉を信用して買いました。しかし使えなく、安かったので私は1ヶ月内で捨て海外の別ソフトにしました。(過去は20万円ほどでした。今は10倍以上します。機能差はありません。)

その他MFTファイル転送ソフトがありました。過去は安価で保守料もありませんでした。今は高価で高い保守を払います。社内で使うのであれば、FTPで私は十分だと思いますが。。

日本の情報システム部の能力は低いのでしょうか?囲い込みハードと実質使えないソフトを使っています。

ITイベントで役立ったものは今回は講演会だけでした。。講演者は娘と同じ年齢ですが・・学ぶものはありました。

342233222322222222322222222222222222

LTSBって可能なんですか?

先日、ある方から言われました。
“Windows10 LTSB(無期限そうに見える単なる10年間保守)はPCメーカーがそれをサポートするかが重要”と。

言われてみればそうです。

パソコンをレンタルする企業が多いと思いますが、レンタルする側はLTSB遵守できるのでしょうか?

例えばHp社のパソコンをレンタルするとします。新機種が発表され、それは最新Windows10が搭載されていると思います。ドライバーなど最新Windows10での稼働確認はすると思いますが、過去のWindows10での動作検証などしないと思います。

そこらの検証もIT部門やら契約したITベンダーになるとその苦労は容易ではありません。ハードは日進月歩です。古いWindows10などサポートできなくなっているかもしれません。

言われてみればなるほど・・と思います。LTSB契約など実現できるのでしょうか?

342233222322222222322222222222222222

Oracle Java

Oracle Javaが有償化します。

Javaの開発元であるSunマイクロがOracleに買収された時に、このような日がくるのは明白だったのですが・・それでも何も気にせずJavaを使う方々は私には理解できませんでした。

毎年OracleDBの保守料を値上するOracle社が無料でJavaを継続してサポートするなど何をどう考えてもあり得ません。

いくらになるのかは、弊社は使っていないので・・わかりません。ランタイムにも金がかかるとか・・・。

JavaとマイクロソフトのC#は似ています。基本オブジェクト指向プログラム言語は似ていると思います。コンパイラーがどこまで対応するかの違いだと思います。

マイクロソフトも最近よくわからず・・基盤の.Net FrameWorkから.Net Coreへ・・とか言っています。
簡単に言えばWindows中心に言語体系を考えていたが、LinuxやらMacをも中心とするらしいです。ただ画面設計はそれぞれ違うのでどうにもなりません。
.Net Core3.0からWindows系の画面開発はできるようです。現在まだ.Net Core2.xです
Javaの市場をマイクロソフトが奪おうとしているのかどうかは知りません。株価はナディアCEOになってから絶好調らしいです。

カベージコレクションとかいう機能はJava言語開発者が作ったとか聞いたような聞いていないような、プログラミングがわかるものであれば天才的なものである事がわかります。

LinuxもDockerは最高だと思います。ただGUIで管理できないと何がどう動き、どう使われているのが明確にわからないのでど素人が多いIT業界では使うのが難儀だと思います。

ガベージコレクションもDockerもさほど理解できないものしか私のまわりにはいません。

話はずれましたが・・

Java有料化になって多くの企業はOracle社に無駄金を払うんでしょうか??

342233222322222222322222222222222222

パブリッククラウドの重要だけど見落とされている監視項目

Amazonにはメールなど登録していませんが、マイクロソフトには登録しているので相変わらずAzureに関するメールは多いです。本当に迷惑な・・と思うほど。

クラウドとか素人も騒いでいますが・・、多くの方々がパブリッククラウドとWEBサービスの違いがわかっていません。ただパブリッククラウドを使うのであれば重要な監視項目があります。

それはグローバルIPで使うポートの使用率です。IP一つで制御できるのは6万5千個のポートだという事です。これは重要な問題なのです。

6万5千個で十分かというとそれは監視していないと十分かどうかわかりません。

例えば1人の人がOffice365で5人他の方のスケジュールを見れば5ポート使うようです。ファイルサーバーがパブリッククラウドであればそこでもポートを消費します。多くの業務をパブリッククラウドに依存していればすぐに数万に達します。

ポートが不足すると何が発生するかというと”それ以上接続できなくなる”という事です。どんなメッセージが表示されるかわかりませんが、コネクションエラーみたいなメッセージが表示されるのではないかと想像します。

ポート不足が懸念される時は何をすればいいかと言うと、グローバルIPを増やしてバランシングするしかありません。
ここらの設計には専門的な能力が必要です。なんちゃてネットワーク業者、担当はわからないと思います。そう簡単な事ではありません。

パブリッククラウドを使う上での重要な注意点なのですが、これに関して論じているものはほとんどありません。

本当にクラウド障害なく使っているのでしょうか?さほど使われていない?
私は使われていてもバックアップ程度だと思っています。またはWEBサービスをクラウドと言っている方々が多いのではないかと思っています。

342233222322222222322222222222222222

Advanced IP Scanner

家の中などなどDHCP使っていると何がなんだかわからなくなりませんか?(Wifiのファームを更新する時にIP何番だったけな?とか思います。リモートデスクトップも・・)

会社であれば、IPアドレスをシールで張っているのを見ますが、よく間違っているのを見ます。。(私はシールと実態が違うので基本調べます。)

そんな時、自分でスクリプト書けばいいですが・・Advanced IP  Scannerというツールがありました。IPの範囲指定でping,nbtstatなどなどのコマンドを発行していると思います。GUIで見やすいと思います。

無料なので、なぜに無料と思いましたが、金とれるようなソフトではないと判断したのでしょうか?ただ素人さんには重宝すると思います。。少し調べたらこの手の製品多数あります。皆無料のようです。

あまり接続先が多いと負荷かかるので使わない方がいいと思います。

自分の忘備録の為にも記載しておきます。。

342233222322222222322222222222222222

2020年のWindows10

Windows10の大規模更新が過去のWindows同様に3年周期で行われいるようです。
来年はWindows10が発売されて3年経過した為、新たなWindows10が発表されるとか・・。

Windows10という名前は変わりませんが・・新たなWindowsのようです。どこまで違うのかは知りません。最近のマイクロソフトよくわかりません・・。Windows10 LSBTという名のものは今まで通りの単なる10年保証もどうなるのでしょうか?。現行Windowsはもう3年経過して残り7年、来年LSBTを契約すれば来年版Windows10で10年なのでしょうか?

Windows10という名前の統一は情シ部門への配慮なのでしょうか?
名前が変更にならないのでユーザが騒ぐ事がなくなる。という事かもしれません。真面目Windows保守をやっている情シ部門に対しては余計な混乱を与えるだけだと思います。

半年に1回の更新も今はRedStoneと言われており、この10月にRS5というものが発表になりますが。RSという名はRS5で終わるようです。(本当に終わるのかどうか私はわからなくなりました・・)

面倒な事にWindows10という同じ名前の別物が2020年には現れる可能性があります。

どこまで別物なのかわかりません。報道とは違い、RS6という名前の別物が発表になるのかもしれません。。ただRSは5で終わるというのはさほど誤った情報ではないらしいです。

来年Windows7の保守切れで多くの企業でお祭り騒ぎがされます。ユーザはどちらのWindows10を導入するのでしょうか?現行世代のWindows10?新世代のWindows10?

Officeも64Bit版を勧めるアホなベンダーが発生するかもしれません。何も考えなければOfficeも64Bit版の方がいいですが・・・互換性とかいろいろ問題が発生します。私も一度Office64bit版を導入しました。なぜにマイクロソフト64bit版など作ったのか理解に苦しみます。

個人的にはWindowsがAppleのIOSのように64bitアプリしかサポートしなくなるのは何時なんだ!!という事に非常に知りたいところです・・。この検証用にOffice64bit版があるのかもしれません。

IOSの64Bit アプリケーション サポートは賛否両論ありました。Windowsもやる必要がありますが、大混乱になるでしょう。古いレガシーアプリが多数あります。。
64Bitのみしかサポートしなくなる事により、標準設計に準拠していないアプリケーション、ソースなどないアプリケーション、古い訳のわからないAPIを搭載したアプリケーションを除去できます。

マイクロソフトはどう考えているのでしょうか?
日本マイクロソフトは知らないだけで米国マイクロソフトは正式な時期を発表しているかもしれません・・。
日本IBM同様、日本マイクロソフトは必要なのか?とよく思います
日本マイクロソフトの存在価値はなんなのか私にはわかりません。

342233222322222222322222222222222222

弊社6年目に突入

お世話になっております。

先ほど気づきました・・・。弊社6年目に入っていました。。これも皆さまのおかげと感謝いたします。1人では何もできません。。

街中の電気屋のように自由に使っていただき小回りの利くソフト屋であればいいかな?と思ったのは6年前?でした。。

やらない事だけは決めていました。それは人材派遣業です。今はゲーム開発もしない(できません)事に決めております。。

その他試行錯誤でここまで・・というか助けられて5年経過したようです。もう5年、まだ5年という感じです。

6年前に独立した頃、申し合わせた訳ではありませんが・・、数人会社を立ち上げたりしましたが、全員元の会社に戻ったか、別会社に就職した事をつい先日知りました。私は皆さまの助けがなかったらどうなっていたでしょうか。。

書く事は山のようにありそうですが・・ここらで・・。

今後ともよろしくお願いいたします。

342233222322222222322222222222222222

最近のゲーム事情

電車に稀にしか乗らない(車ばかり・・)ので稀に乗ると周りをキョロキョロしてしまいます。最近感じるのがタブレットでGAMEしている方々が多いという事です。

なんのGAMEをしているのかはわかりませんが・・・夢中でやられています。

GAMEに関しては私は理解あるものだと思います。過去散々GAMEしました。何歳か記憶にありませんが、その年初めての徹夜がGAMEだった事はあります。

ただ私の時代GAMEにさほど金は投資しませんでした。月固定で2,3千円だとおもいます。まったく払わなくてもできますが、実質無理です。今聞くと”7桁いかなければいいのではないん”とあるもの達は言っていました。思わず指で数えました・・。100万いかなければいいんじゃないかという事です。

え・・という感じです。100万は年間なのか月なのかは知りません。申し訳ないけど月100万つかえるほど収入があるとは思えません。

私はロールプレイング+対戦みたいなものが好きでした。日本版が過疎ったので英語版で始めからやり直した事もあるGAMEオタクだと思います(めちゃ好きだった、1GAMEだけですが・・それでも変人ですよね)。
このGAMEで同じ相手に毎回負けるのでムカついて毎回固定支払い以外に数千円投資した事はあります(1万は払っていないと思いますが・・記憶にありません)。数千円で毎回負けていた相手に必ず勝てるようになったり・・さほど高くないレベルでしたが、数十違うレベルのものに勝てるようになりました。2時間毎に対戦だったのでレベル上げしている暇があまりなかったのですよね・・・。あとは傭兵という仕組みがこのGAMEにあったのですが、それがレベル上げ陣形ではなく、あくまでも対戦だったので・・レベル上げが難しかったのです。。。(対戦は30分間だった記憶が・・)

スマホ、タブレット系のGAMEは育成がほとんどなのではないでしゅうか?レアキャラGETして育成・・・そのレアキャラGETにガチャで数十万投資しているようです。。日本終わった・・・って感じます。対戦がないGAMEは私はよくわかりません。レべ上げしてどうするんですか?という感じです。

対戦ばかりのGAME、カードゲームもあるようです。それもそれで飽きるのではないかと思います。こっちは数十万投資する事はないかと思いますが・・・。わかりません。

私はスマホでまったくGAMEした事ない訳ではありませんが・・あまり楽しいとは思えませんでした。一番好きだったGAMEを止めてからそれ以上のGAMEを見た事がないのす。
なぜに面白かったかは、いろいろな理由があります。どこの国かと聞くと時間帯のせいかアジア系が多いのですが、ナイジェリアとか、ルーマニア、めちゃくちゃ武田信玄に詳しいオランダ人などがいました。武田信玄日本人より詳しく、英語版に私同様の理由で移住してきた日本人も多くしましたが、全ての日本人武田信玄会話の相手ができないので私が相手しました。勝頼もめちゃ詳しく驚きました。そのオランダ人のギルドがTakedaでした・・。私は他国の歴史に詳しいのはGAMEをとっかかりに覚えた三国志くらいです。。他国の歴史などほぼ知りません。。

なぜに一番好きだったGAMEを止めたか・・あまり記憶にありませんが・・時差の問題で面倒になったのかもしれません。日本で朝8時頃がアメリカの東海岸か西海岸か知りませんが、夜7時、8時だったと思います。

まだあるようですが・・・今更やる気はしません。。夢中になってやるほど若くはありませんし。。

大量に金を投資してレアキャラGETしても、運営会社は新たなキャラをまた作りだすでしょう。GAMEに無駄に投資してガチャしてハズレばかりでなぜに引退する気にならないのか私には理解できません。私だったらムカついて引退しますよ。
ギャンブル止めたのも、当たりそうな演出で外してばかりでムカついてやめました。

政府のすべき事はギャンブル依存よりGAME依存だと思いますが・・・。パソコン版はある場所でしかできませんが、今はどこでもGAMEできます。あまりTV見ませんが、稀に見るとGAME会社がTVCMしています。TVCMできるほど稼いているという事だと思います。

なんでも家族旅行行ってもGAMEしているとか・・・どれほどが、そんな方々なのでしょうか?

342233222322222222322222222222222222

ハイブリッドクラウドへ

世の中の今のクラウド環境を見ていますと、ハイブリッドクラウドが主流になっているようです。

理由はわかりませんが、パブリッククラウドは”高額”であるという事もひとつの理由ではないかと思います。あとはユーザからの要求なのでしょうか。
今やハイブリッドクラウド業者は3重化を勧めるようです。勧めるのは勝手ですがとんでもなく高額になります。日本であれば東日本、西日本、香港などで3重化するのでしょうか・・”それでないと保証しない”と言われたら私だったら”他をあたるからいらない”と言います。

米国マイクロソフトは前々からハイブリッドクラウドを中心にやっており、日本マイクロソフトも最近そのような方向になりました。

そんな中Googleもハイブリッドクラウド環境を立ち上げ販売を開始したようです。あまり詳しく見ていないのでわかりませんが、Amazonのハイブリッドクラウドと同様にVMwareとの組み合わせなのかもしれません。

どこだったか記憶にありませんが、ソフトバンク系のクラウドサービスが1週間ほど停止したようです。このような障害いつも思うのですが・・損害賠償はどうするんだろうという事です。

”申し訳ありません”で利用している企業は許すのでしょうか?私は謝罪されてもなんの解決にもならないと思っていますが・・こんなので許されるのであれば、日本企業くらいです。

海外は必ず損害賠償、法的な問題になります。

ハイブリッドクラウドはクラウドのあるべき姿だと思います。

パブリッククラウドしかサポートしないものは消えてなくなるのではないかと思います。パブリッククラウド利用だけの唯一の生き残りはバックアップのみでの利用ではないかと思います。。

342233222322222222322222222222222222

Surface Go その2

前にSurface Goを書き、それがブログで公開される前後に日本でもSurface Go発売になったようです。
よくわからない事に日本と米国ではSurface Goの販売手法も、価格も大きく違います。

日本のSurface Goは”高い”。日本マイクロソフト直販はOffice付きのものしかない?意味がわかりません。私はマイクロソフトのハードは買わないのでなんでもいいですが・・。ただマーケティングの戦略としてはどうかと思います。キャリアのように安く見せる事が重要なのです。

私はマイクロソフトが好きだった?興味があったのは過去の話で、今はあくまでの仕事としてやっているだけです。

過去、数億円のIBMの大型汎用機にできない事が100万(安くはないですが・・)ほどのパソコンで簡単に実現でき、そして当時の日本マイクロソフト社長の古川さんの講演が楽しかったのでマイクロソフトに興味を持ち、その製品をいろいろ学んだのです。

ビル・ゲイツもナティアもさほどというかあまり興味はありません。今でもナディアだったらビルの方が好きかもしれません。ナディアよりバルマーです。
バルマーの”Linuxは癌だ”と言ったにはさほど外れてはいないと私は思います。Linuxは悪いとは思いませんが、いろいろ派生して繁殖しています。ナディアのWindowsPhone撤退だけは当たりだと思います。

最近の日本マイクロソフトなど最低最悪という感じです。そもそも日本マイクロソフト必要なのか?と思います。

基本日本マイクロソフトの社員は元々反マイクロソフト製品を売るか、プロモーションしていた方々です。敵製品をよく知るものを日本マイクロソフトは必要とします。それはありかと思いますが、そうでない方々も私は必要だと思います。
私はマイクロソフトで働きたいと思った事はありませんが、マイクロソフトが無名の頃になぜにマイクロソフトの株を買わなかったんんだろうという事だけ後悔しています。

マイクロソフト完全なる大企業病です。IBMのようになると思っていましたが、マイクロソフトにとってラッキーな事は若きマイクロソフトのような企業が存在しません。マイクロソフトに置き換わる製品をもったところがないのです。

オープンなマイクロソフトと言いますが、Windows10などますます混乱させ訳わからないものになっています。

Office製品など何種類あるのかわかりません。実際私はわかりません。

Microsoft Loves Linuxではなく、Microsoft Loves Windows Userが重要な気がしますよ。マイクロソフトよ。

342233222322222222322222222222222222