HUAWEI、Googleサービス停止?

GoogleがHuaweiの新たなスマホに対し、Google Playなどのサービスを提供しないという報道がありました。これがトランプのご機嫌うかがいだけなのかはわかりません。5Gで先行するHuaweiに対する嫌がらせのような気もしますが・・。

過去から発売されているものは対象外だとか・・・
日本でSimフリーで一番見るスマホはHuawei製です。
我が家は私以外Huaweiです。マニア向け、初心者向けに幅広い製品をもっており、費用対効果で考えればいいスマホメーカだと思いますが・・。

因みに私のスマホも米国で盛んに売っていますが、完全なる中華スマホです。iPhoneしかり中国で製造、組み立てしないスマホなどあるのでしょうか。Samsungも中国とは無関係という事はないと思いますが・・。中国で生産、組み立てするスマホ、パーツ全てバックドアやら何かしら組み込まれるかもしれません。

最近インテルのvProというもう10年以上前からしているテクノロジーを新たな技術なように宣伝している日本企業N社を見ました。vProはIntel CPUに独自に組み込まれたリモートから制御できる機能です。電源のON、OFF、画面の制御もできます。vProは知らないものにしてみると完全なバックドアにもなりえます。

スマホ、パソコンのソフトもバックドア多く搭載していると思われます。

中国ではGoogle製品基本禁止なようなので今回のHuaweiに対する措置で中国国内は市場が変化する事はないようです。

今回のHuaweiに対する対応は今後継続するものかどうかはわかりません。。どうなるのでしょうか?
スマホ市場が停滞している中Huawei製品は買換えを促進するよいスマホだと思います。

ちなみに今後の新たなHuawei機種で勝手にGoogle製品を導入するのは問題なくできそうです。標準では搭載されていないという事らしいです。。詳しい事は知りませんが・・

ちなみにHuawei mate proすごいカメラを搭載しています。どこも追いつく事はできていません。

Huaweiの経営者はものすごい苦労人だと聞いております。どこまで本当かは知りませんが・・中国政府の指示でスマホにバックドアを仕掛けるのあれば、全メーカそうするのではないかと思います。
数十年前の経済、貿易しか頭にないトランプの嫌がらせ以外想像できません。。

342233222322222222322222222222222222

Azure Down

マイクロソフトのAzure、Offce365が全世界で、日本時間5月3日早朝数時間ダウンしたようです。

いろいろなサービスのダウン状態を調べられるサイトがあります。必ず毎日のようになにかしらダウンしています。この図はそのサイトの5月3日のAzure、Office365ダウン時のものです。

これ見る限りそんなAzure,Office365など使われていない?ように見えます。AWSもさほど変わらないと思います。最近のIaaS系クラウド導入はAzureがほとんどだと聞きます。
実際、サーバーベンダー、Hp,Dell,Lenovoなどのマイクロソフト、AWSのクラウドにより業績が悪化している事はないようです。サーバーベンダーもHCIというオンプレクラウド版を発表して好調なようです。マイクロソフトにしてみれば大事なパートナーでもあります。
マイクロソフトもHCIのサーバーを販売をしています。

クラウドの問題点のひとつとして信頼性があります。クラウドはDDOS攻撃の標的にもなります。何か問題が発生すれば必ず数時間停止します。

Office365のメールのようにクラウドでなければ無理というものもあります。すみ分けすればクラウド使えるものだと思います。無理やりクラウドに移行するケースはほとんどないと聞きます。
サーバーの保守終了などでクラウド移行もあるようですが、目的を明確にしておかないと「聞いていない!」というような内容が多発するようです。短期で見ればクラウド安いですが、長期で見ると高額です。そしてネットワーク費用もダウンロードトラフィックによって変動します。これを正確に調べるには専門化のいない日本の情報システム部門では無理ではないかと思います。

Googleのエンタープライズ向けのクラウドがダメな理由はネット接続必須な事だと思います。Googleもハイブリッドクラウドを発表していましたが、調べていないのでどのようなものかはわかりません。

前から書いていますが、ほとんどのクラウドはハイブリッドクラウドが主流です。
クラウド最長3年契約です。3年後、ないとは思いますが、クラウド業者から2倍の費用を請求されたら払うのでしょうか?ハイブリッドクラウドであればオンプレに移行、別のクラウドに移行する事ができます。
AzureでVMwareもサポートするようです。AWSでHyper-Vが動くのかどうかは知りません。

クラウド、Office365とバックアップはいいかと思いますが・・・。自分がそれで使っているからそう思うのかもしれません。

5月3日日本でさほど騒がなかったのはバックアップくらいでしか使われていないという事だと思います。後はOffice365ですが、早朝でゴールデンウイーク中という事で被害はなかったのではないかと思います。

パブリッククラウドが普及しない理由は価格、信頼性がない、セキュリティなどの課題があるようです。

前IDCか何かのレポートに5年後も8割はオンプレ上で稼働するという報告がありました。間違っていない報告だと思われます。

342233222322222222322222222222222222

PayPay

電子マネー元年と言われ数年経過したと思います。どんな様子なのでしょうか?

最近よく見るのはPayPay取扱店と入口に張ったお店です。恐らくPayPay今現在もっとも普及している電子決済だと思えます。店側の手数料気になったので調べてみました。

※2は次のように書かれています。
※2 2019年10月1日以降有償化する場合があります。(実際は黒字ですが・・)

よくわかりません。。締日までに1万円未満であれば手数料はどうなるのでしょうか?ここらの記載もありません。そんなに多くのものはPayPay導入しているのでしょうか?
前はこのグループの携帯会社と同じように3ケ月後有償とあった記憶があります。
ジャパンネット銀行にしておけば店側の手数料がかからないようです。ちなみにこの銀行もグループ会社です。これ見る限りジャパンネット銀行に口座を作るのがいいかと思います。PayPayが店側に代金を払う際にジャパンネット銀行以外だと手数料をPayPay側が支払う必要があると思います。そんな事するのでしょうか?無理やりジャパンネット銀行に口座を作らされるのではないでしょうか?

今現在xxPayと言われるものがどれだけあるのか私は知りません。10以上あると思われます。本来、政府が専用機関をもうけてコントロールするのが妥当だと思いますが、私の考えが間違いなのでしょうか?

先日、電子決済先進国スエーデンの特集を見ました。最近のマスコミ信用性がなく・・どこまで真実かはわかりません。ただここではデビットカード(=銀行の決済)のみらしいです。これを使う手数料がどれほどなのかは知りません。店先にNo Cashと書かれています。
スエーデンに旅行してこの店に入った場合どうなるのでしょうか?追い出される?VISAであれば決済してくれる?旅行者は除外してくれる?どれなのでしょうか。。そういう肝心な気になる事をマスコミはしてくれません。

スマホ決済も・・スマホの信用性をどう考えているのか私には理解できません。無料アプリが何しているかわかりません。。いろいろなSNSアプリも・・。私は無料スマホアプリなど皆なにかしら「傍受」していると考えていますが。。
スマホが使えない(使う気ない)高齢者はどう対応するのでしょうか?

先日、Visaの明細を見たらAmazonプライムの請求がありました。日付は買い物などしていない日でした・・・。(当然サポートに電話して買い物もしていないのにミスオペレーションとは思えないし、申し込んだ記憶もないと、解約して返金してくれましたが。。)
毎回決済内容に問題ない事をチェックする事は必須です。利用者としては現金より面倒な事になります。

xxPay私は様子見します。。どうなるやら。。

342233222322222222322222222222222222

 

Dell サポート

私は、ほぼ同じ時期に買ったDell社のデスクトップとノートパソコン2台を所有しています。

ノートパソコンは出先で使うのであまりドライバーなどの更新はしていません。久々に更新してDellパソコンの診断プログラムを実行したらいつまでたっても終わりません。
DellのWEBサイト上でも診断は可能なので、それを実行したら「お客様のデバイスはWindows10、Windows8、Windows7でない為、診断プログラムが実行できません」と表示されました。

サポートに電話し、内容を伝えると
Dell「お客様で独自にダウンロードしたプログラムがありますか?それが悪さしているかもしれません。」
私 「は??、ダウンロードしたもの全てあなたはわかりますか?基本Dell機2台あり、デスクトップとノートパソコンに導入してあるものは同じでノートパソコンには導入していないものがある!!。デスクトップは問題ない」

Dellサポートは中国は大連にあります。この時は日本語ができる単なる使えないやつ!!と判断した私は自己解決するしかないと思いました。とりあえず・・edgeで実行させていたので、Chromeで同じ事を実行させました(ここらの感は長年のものです・・)。そしたら問題なく起動。。
私 
「あなたの言っている事がよくわからないから独自で解決したからいいです」。。。

edgeで実行できなくchromeで実行できるものもあるんです。edgeがChromeエンジンになれば解決すると思います。

診断プログラムを実行したら・・

交換ハードドライブと・・ディスクはSSDでまったく問題ありません。さっそくまたサポートに電話、壊れた?壊れかけたノートパソコンからメールでこの画像をDellサポートに送信。

Dellサポート「確認しました。受け取り伺います。いつがいいですか?」
私 「来週金曜日にしてください。」
Dell「・・・・、1週間以上経過すると再度電話していただく必要があります」
「なぜ?」
Dell「インシデント管理で1週間以上できなくなっているんです。」
私 「は??それでDellは1週間以内の修理とか言っているんだろう!!」
Dell
「・・・」
私「来週また電話する。何を言えばいいんです?」

パソコンは私は必ず3年保守のオプションを追加しています。今は2年4か月ほど経過したこのパソコンです。今までの経験上3年あたりで壊れます。私のヘビーな使い方したら5、6年以上使っていると言っても同じですが・・。

因みにノートパソコンのSSDどこのメーカか調べたらMicron社でした。MicronのSSD診断ツールで調べましたが、問題はありません。恐らくDellの診断プログラムの問題なような気がします。

再度電話したら、履歴は中途半端だし、メールした画像は添付されていなしわけわからない事を言われるし・・散々なめにあいました。
別段私は差別主義者ではありません。国籍、宗教などなど関係なく魅力的なものは魅力的です。自分の知らない世界を知るのは人一倍好きだと思います。。

ただ今回のサポートは最悪でした。。
当たり外れはあると思いますが・・それでも前はここまでひどくはなかったと思います。

342233222322222222322222222222222222

日本の大手IT会社リストララッシュ

聞いた話ですが、某国産IT大手会社が何回目かわかりませんが、リストラを発表したようです。対象年齢は45歳以上だという事で数千人だという事です。別の国産同業種大手もリストラした?する?とか聞きました。

この企業、いろいろ身売りしましたが、それでも業績の悪化が止まらず今回もリストラに踏み切ったようです。(そもそも過剰人員だったのかもしれません)

外資IT会社は指名でリストラするし、毎年、成績?で2,3割をリストラすると聞いた記憶があります。海外IT会社は幹部社員もいろいろ転職するようで、敵対会社にいたものが、今日出勤したら同僚になっていたというのもそう珍しい事ではないようです。
日本のIT産業は土建屋体質の改善をしないとどうにもならないと思いますが。。今回のリストラ対象になった企業とは数多く仕事しています。技術員は関係会社かそこから下請に出したものがほとんどでした。

今回のリストラは、某銀行の数年に渡るシステム構築が終わり?特需がなくなった事もその要因のひとつでしょう。

情報システム部員だった頃、大手IT会社にはひどい目にあいました。米国に住んでいて英語話せないというのが多いように、IT産業にいながらコンピュータ何もわかっていないものも多いのです。

国産IT大手はもうハード事業からは実質手を引いているので、クラウドによって事業が悪化したとは思えません。彼らの高い人件費のわりにろくなシステムを構築しないという抜本的な問題ではないかと思います。

そういえば外資ですが、ドミノを売って、RedHatを買った某社はどうなったのかと思います。この社長も初めての女性で前例にない長期なようです。リストラは当たり前のようにしているのでしょう。

国産IT企業には買収するにしても資金援助してくれるところなどないでしょうね。。どうするんでしょうか。。国産大手IT会社嫌いなので私はどうでもいいですが。。

ただ、大手がリストラするとその下請け、孫請けのIT派遣企業もろに影響を受けます。自立するか、倒産するしか道はないと思われます。

342233222322222222322222222222222222

Viber

次のようなサイトがありました。Googleに抹殺れたというものです。


Googleが立ち上げては潰してきたものがここにあります。この切り抜きはごく一部でその他多数あるようです。Google永遠のβカンパニーだと思います。最近同じような企業が増えましたが・・(使われていない製品であれば気にはしませんが。。多くのユーザがいても勝手にKillします)

この墓石にある通りGoogle Alloがお亡くなりになったので、その変わりを探していたのですが、チャット相手の娘が楽天モバイルにし、Viberが導入してありました。それで私もViberを導入しました。好きでViberなど導入するものはいないと思いますので、私のスマホにViber登録者が数人出てきました。これらの人は楽天モバイルなのでしょう。

Viberいつか知りませんが、楽天が9億ドルで買収したようです。え??と思いますが、なぜにこんなSNS会社を買収したのかわかりません。ViberがSNSの巨人であればわかりますが・・ごく少数のユーザしかいません。この9億ドルの買収額の回収など永遠に無理なような気がします。。

LINEだったらまだViberを推薦しますが・・、どうなのでしょうか?Viberパソコン版もあります。

楽天のViber、サイバーエージェントのAmebaTV・・・凡人の私には理解できません。なぜにこれらに投資をするのでしょうか・・

342233222322222222322222222222222222

政治の世界は魅力的なのか?

7,8年前にTwitterアカウントを作成した時、いきなりフォローされ、Twitterよくわからずに私もそのものをフォローしました。そんなものが数アカウントありました。

彼らはどうやってTwitterの新アカウントだとわからるのかどうかは知りません。彼らはフォローして数か月放置してその後解除しているようです。それでフォロワーがあるように見せているようです。私もですが、ほとんどが死にアカウントだと思いますが・・。

その後、放置していたのですが、稀にTwitterにログインすると多数のツイートをしている初期フォローワーの某弁護士がしたのです。それも無意味なくだらないものです。彼はフォローワー3万人とか吹聴していたようです。

既にうざくてそのもののフォローを解除したのですが、先日そのもものTwitter偶然見て、ある政党から立候補だとかで選挙一色のTwitterアカウントになっていました。XXX先生応援なんちゃらという別アカウントもありました。

彼は元々、自民党の推薦をとろうとしたのですが、候補に入れず、無党派で一度出て落選したようです。その後も自民党の推薦を得ようとしたのですが、無理だとわかり、今までの自民党擁護のツイートを全削除して、野党の推薦を得たようです。無所属は無理だとわかったようです。

彼に興味をいだいたのは私とほぼ同じ年齢で私と違い彼は独身なのです。私同様変わり者だと思います。。。

独身だと幾ら貯蓄ができるのか想像もできません。。いつから弁護士しているのか知りませんが、弁護士でどれほどの収入があるのか知りません。弁護士は信用商売なので信頼がないと依頼されないでしょう。

なぜに彼は政治家になりたいのでしょうか。政治家・・よく彼らは幕末を持ち出しますが、幕末の偉人に言わせれば100年早いわ!!と言うでしょう。。。
比例
らしいのですが、それでも幾らかかるのでしょうか。。最近、弁護士よくTVに出ているようですが、彼はマスコミ受けするような人相ではありません。それでも稀にコメントを求められると書いています。

政治家など彼のようなものが多いのでしょうか?少なくはないような気がします。。(今度の参議院選挙どうなったのか見てみたいと思います・・)

追加 4/1
彼のTwitterに謝罪があったのかなぜかと思って少しみてみたら、今までのネトウヨ発言に関する謝罪でした。まあ彼のTwitterなどネトウヨ発言で本名だしているから、多くのネトウヨに批判されるのでしょう。
まったく個人てな見解ですが、ネトウヨ批判だけはするからなー彼も含め・・。彼はどうなるのでしょうか?決して好かれるタイプではないと思うのですが・・彼にはプライドだけしかないというという感じがします。。。立候補も大変ですね。。
(暇なのか・・私は・・)

追記2

私はネトヨウを間違っていました。ネトウヨはくだない事を各ネット上のヨタと思っていました。ネトウヨ=ネット右翼という意味なんですね。。初めて知りました。
ネットの与太郎に責められ、彼は公認が取り消しになりました・・・。
これからどうするのでしょうか。。
ネット上に掲示板,Twitterなどなど実名でしろよと思いますが、そんな事したらCMするものしか書き込みしないかもしれませんが・・だけど発言に責任をもたせる必要があります。彼の場合は完全なネトウヨ発言だったようです。私はよくは知りません。

342233222322222222322222222222222222

Gmail,Google Drive障害

Gmail及びGoogle Driveで障害が発生したという記事を見ました。私は移動中だったのと、Office365ユーザなので被害にはあっていません。フリー、Gなんちゃらの有償ユーザも障害になったと書かれています。同じプラットフォームなのでしょうか?

復旧からしばらく経過したので原因を知りたいと思って検索したのですがまったくヒットしません。Googleがその手の書き込みを検索から除外しているのも知れません。皆が知りたいところではないかと思います。

唯一見つかったのがこれです。
“We apologise for the inconvenience and thank you for your patience and continued support,”
単なる謝罪です。
なにをどうしているのかわからないGoogleです。

今回の障害でマイクロソフト、Amazonはクラウドの安全性に疑問を持つ人が増えては困るのです。ただ間違ってもAzure、AWSは大丈夫ですとは言えません。明日は我が身です。

ここらクラウドの障害の原因がいつもうやむやになるのが私がクラウドに対し気に入らないところです。私がユーザでクラウド再販業者がいれば絶対に”原因はなんですか?再発するのですか?”と問い詰めるでしょう。今であればGoogle同様謝罪しかできません。GoogleはWEBで一言書けばいいだけですが、再販業者はたまったものではありません。

サイバーアタックで障害発生したとも考えられます・・・。
それであればGoogleは密かに超高額報酬でアタックしたものを採用しているでしょう。。
密かにやらないと、多くのIT企業で奪い合いになるからです。。。

(追記15日:Google発表資料?)
https://gigazine.net/news/20190315-google-cloud-storage-incident/
IT大手クラウドのハードは独自仕様でよくわかりませんが、少し見たところハード障害と設計上の問題で障害復旧時トラブルになったとように見えます。
大量のユーザデータの解析のしすぎでしょうか・・。

つい・・手を挙げていました。

先日、某社主催の「ハイブリッドクラウド時代のビジネス課題」とかいうものが3時間ほどでありました。あまり余裕はないのですが、セミナーの名前につられて参加しました。

内容は完全なる期待外れでしたが・・・最後にパネルディスカッションがあり、「質問ある方いますか?」と言われました。そんな中、手を挙げている自分がいました。

質問は「費用について書かれているものがまったくなかったが、そこらを明確にしてくれないと評価ができない。2点目は多くのクラウド業者は英文で大量のメールを送ってくるが、それらをどうしているのか知りたい。英語コンプレックス日本企業が多い中対応できているのか?」というストレートな内容だったと記憶しています。忘れました。。

曖昧な返答をされました・・。返答に期待もしていませんが、つい思った事を口にしているのか、日々のストレスで文句を言いたかっただけなのか私にもわかりません。

ただパネルディスカッションの司会者が私が唯一認めているコンピュータ系WEBサイトの編集長だったので、この人に興味がありました。

終わって振り返ったら200人ほどいました。こんないたのかと驚きました。

懇親会があったのでその編集長と少し会話をしました。その方からストレートな言い方をしますね。、と言われたので・・「そうなんですよ。サラリーマン体質でなくすみません。」と言っておきました。この後早々に引き上げましたが・・。

342233222322222222322222222222222222

マイクロソフトIE使用中止を勧告

表題のようなネット記事を見ました。真相を確かめる為に原文を見ました。
そこには「IEをデフォルトブラウザーで使用すべきではない」という表題でした。遠からずという感じでしょうか。

因みに日本マイクロソフトの社員のブログではなく、米国マイクロソフト社員で2004年入社の方です。日本マイクロソフトの言葉であればあまり信用しません・・

原文もIE使用を停止するのを勧告していると思いますが・・しかしなぜにマイクロソフトはIEのサポート中止を宣言しないのでしょうか?

マイクロソフトはIE11の機能追加、改善は行わない。セキュリティパッチだけは適用すると言っております。これはユーザからしてみれば、もっとも安心して使えるものと判断してしまうのではないかと思います。
改善されると今まで動いていたものが動かなくなる事があります。特にIEはマイクロソフト独自仕様であり、W3C (World Wide Web Consortium )の標準に従ったものではありません。

過去IE6,7,8,…などが乱立した時(マイクロソフトが血迷っている時)、それぞれのブラウザーでどう見えるか調べるツールをマイクロソフトは提供していました。バージョンにより同じサイトでも見え方が大きく違うのに驚いたものです。またWindowsのバージョン、SPの違いにより文字フォントが違います。これは罫線好きな日本人には致命傷です。

私はIEというかブラウザー系のアプリは作らない(サポートが大変)という事に決めましたが、どれほどの企業がIEに依存しているのでしょうか?
今やIEで外部の一般のサイトはほとんどまともに見えません。


ちなみにWindows7とWindows10のIE11はまったく同じなのでしょうか?プラグイン系は違うのではないでしょうか。Javaアプレットなど流行った?かもしれませんが、動作しないとかいろいろあるのではないかと思います。それに金かけて対応するのであれば、私だったら別のプラットフォームに移行しますが・・。
Javaもセキュリティフォールが多数あり、必ずパッチを適用するのであれば、Oracleに高いサポート料を支払う必要があります。そこまでして使い続けるものでしょうか?因みにJavaとマイクロソフトのC#はほぼ同じ構文です。まともなプログラマーであれば読んで修正する事は可能でしょう。Javaのセキュリティ及び修正パッチも多くマイクロソフトの比ではありません。
プラグインには将来はありません。Adobe Flash、MSのSilverlight?も2020年にはサポート終了らしいです。

マイクロソフトはいつまでIEをサポートするのでしょうか?

IE、デフォルトで使うべきではないというのであれば、ある程度の年月置いて中止を発表すればいいのではないか?と思います。

3年、5年後であればさほど問題ないのではないかと思いますが・・。今のどこまで真実かは知りませんが、2025年説があります。IEを使わない私には関係ないですが・・。

342233222322222222322222222222222222