Windows10 R4 のDISK不足警告の対応方法

Pocket

本当に”うざい!!”ほどDISK空きエリア警告が表示されるので対応方法を調べました。
しかし、そんなサイトはレジストリ変更以外存在しません。

試しにと思い、DellのノートパソコンをRS4にしました。SSDなのでおよそHDDの時間の半分ほどで更新できました。

ノートパソコンでは警告は表示しません。よく見たら警告対象ドライブにドライブレターがありません。CドラとかEドラとかいうやつです。デスクトップで警告を出しているドライブレターを削除すれば対応できそうです。

この対応はさほど難しくなく、DiskPartというコマンドで対応できます。

1)Diskpart
2)LIST Volumn
   ボリューム番号を調べます。
3)select volume n (2で調べた番号)
4)remove letter = x (ドライブ名)

これでうざい、警告は表示しなくなりました。自分の忘備録の為にも書いておきます。

RS4いろいろ問題が出ているようです。Chromeがフリーズするとか・・私は問題ありませんが、ChromeにWindows Defenderのアドインが勝手に追加されていました。
”オープンなマイクロソフト”と言っていますが、実際は違います。私はそれでいいと思いますが。。マイクロソフトの本音はChromeを使わず、edgeを使え!!と言いたいのではないかと思います。
私はどちらもいいです。ただ検索はGoogleインタフェースでGoogleの検索エンジンであれば・・Chromeは重いです。

RS4の目玉新機能であるWindowsアプリ操作履歴(RS4の新機能)はChrome操作は記録されません。あくまでもマイクロソフト製品が対象のようです。

なにかすればChromeの履歴も表示できるかもしれませんが。。今それを調べている余裕はありません.さほど使わないのでどうでもいい機能です。

とりあえずスペース不足の警告がなくなったので私はひとまずよかったと思っています。
本当にうざかった・・。なぜにデスクトップではドライブレターが切られ、ノートパソコンではないのかはなぞです。。

342233222322222222322222222222222222

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)