ワークスアプリケーションズの人事システム売却へ

Pocket

ワークスアプリケーションズ CEO 牧野氏、髭を蓄え、常に高級そうなスーツをまとい、IT雑誌のインタビューに答えているのを数回見ました。

牧野氏の経歴やらどういう経緯でワークスアプリケーションズを立ち上げたのかわかりません。あまりネットにもそこらに関して書かれたものがない不思議な人です。

大卒者の就職人気もワークスアプリケーションズは高く、多くのIT雑誌が持ち上げていた企業でした。そんなワークスアプリケーションズがかなり以前から経営難だったようです。

なぜに多くの大企業でこの社の人事パッケージを採用したのかわかりません。大企業1000社ほどで採用されています。
「保守料内でなんでもする!」という嘘の言葉を信用した訳ではないと思いますが。。過去IBMが自社のハードを売る為にワークスアプリケーションズ社と組んでいたような記憶があります。

一度、この社のものと話した事ありますが、営業はやる気だけはありました。。また若い社員が多く、当時今やなき?ジャストシステムを思い出しました。

最後にこの人事パッケージで見たのは新バージョンはAWS搭載しか対応しない事、そしてNON-SQLデータベースを採用するという動画でした。この一般動画は詳細を語らず後は発表会で?みたいな感じで終わっていました。今思えばこの頃から経営不振だったのでしょう。
AWS採用は、私には囲い込みとしか思えませんでした。今の経営状態から間違っていないと思いました。

ここでワークス社にロックオンされる事を懸念して他社の人事パッケージやら自社の内部開発にした企業はどれほどあったのでしょうか?

牧野氏が何に失敗したのかわかりませんが、私は胡散臭いとしか記憶にありません。
ワークスアプリケーションズの一番の収益源である人事パッケージは投資の見返りとして譲渡されます。使用料金が数倍になったらパッケージ使っている企業はどうするのでしょうか・・。

人事データベースが外資管轄になり、大企業の人事データベースが中〇企業に売られるかもしれません。。。

今回の問題はワークス社の問題はパブリッククラウドの恐ろしさを暴露しました。これでもクラウドが最適解というのでしょうか?

342233222322222222322222222222222222

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)